[NAO活動日誌]
2010年元旦よりシステム変更に伴い「活動日誌」がリニューアルいたしました。
 昨年までの日誌は画面下の「過去の日誌」でリンクされております。
 飼い猫が亡くなりました。2022.4.22
 20日(水)21日(木)で千葉県市川市と木更津市に仕事で出張しました。2便と最終便の前のスターフライヤーに乗ったのですが、飛行機の乗車率は30%くらいです。
 帰ったら、飼い猫(16歳)が危篤でした。いつも帰ったら玄関まで迎えに出るのが出てなくて、「おや?」と、探したら洗面所で伏せたままでした。その時目が合ったのが最後で、その数分後、餌の場所に抱えて行ってもだらりとしたままで、その後1時間くらい苦しんだ後、息を引き取りました。私が帰るのを待っていたように思います。
 ペットは、どこが痛いとか苦しいとか言わないので、便の色や状況、食欲で健康状態を判断します。高齢でもあり、最近は食欲はあったのですが、便がべとべとで黒かったので心の準備はしていました。
 16年も飼っていると愛着があります。かまってやることも少なく、飼い主として猫を幸せにしてやれたのか、悔いが残ります。
 人間も高齢化すれば介護です。ペットも同じで、最近はトイレでできないことも多く、介護猫でした。(ジャンプ力がなくなります。)
 まだ昨夜のことですから、ただ寂しいだけですが、ペットロスという言葉を思い出します。動物も人間も同じ命です。ウクライナとロシアの戦闘では多くの人命が失われています。こんなむごいことがこの地球上で起きていいのでしょうか。

 一ドル127円の円安に2022.4.19
 一ドルが今日127円をつけました。日米の金利差が大きいのが原因だそうです。それについて、政府のコメントが限られています。「関心をもって注視していきたい。」と。
 この言葉の意味は「やる手がないから見ているだけです。」と同じだと国民は気が付いています。便利な言葉で使われているのでしょうが、逃げています。
 岸田総理の口癖も「関心を持って注視していきたい。」です。他の政府関係者の発言も「注視していきたい」が連鎖していきました。そのうち国民にも感染するかもしれません。
 今年前半の流行語大賞候補は「注視していきたい。」ではないでしょうか。

 新庁舎の感想2022.4.12
 新庁舎について、市民の方々からいろいろ意見を聞きます。一番多いのが、立体駐車場が狭すぎることです。車の離合の難しさもあるし、人が歩くのにも狭いと思います。立体駐車場の隣地境界線からの距離を見ると、あと1mは広げられたように思います。なぜ今の大きさになったのかは、私にもわかりません。建築基準法上の問題点はありません。
 それと立体駐車場側の新しい玄関ですが、「市庁舎の玄関らしくない。」という意見です。それについては、「あの玄関は、二期庁舎が完成後は裏口になります。」という説明で納得していただきました。二期庁舎は3年後に完成しますが、国道側(バス通り)にも玄関ができて、東側の現在空き地になっている部分が、車両のロータリーを持ったメイン玄関になる予定です。
 二期庁舎ができることをまだ知らない人もおられるようです。みんなが知ってって当たり前という考えは捨てたいと思います。
 5月6日以降、たくさんの市民が来庁されます。いろんな意見が出てくると思います。

 コロナ禍は新たな段階に2022.4.11
 新庁舎での業務は、5月6日に開始します。
 今日は、会派室で引っ越しの為の準備で書類の整理をしました。4月30日に、業者による引っ越し作業があるそうです。
 市議会もデジタル化が進んでいます。議事録や様々な資料などはすでにデジタル化しており、タブレット端末で見ることができます。ほとんどの書類を処分することにしました。
 コロナ禍は新しい局面に入ったようです。第七波に入ったようですが、感染者数だけでこれまでと同様に脅威を評価することはできません。
 今日、TBSのテレビで、ロシアの駐日大使が単独インタビューを受けています。今晩のニュースで再放送されると思いますが、想像通りですが驚く内容です。

 憲法改正は当たり前2022.4.8
 日本国憲法の前文には、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」と書かれています。
 日本が信頼する国には中国や北朝鮮にロシアも含まれています。他国の善意に国の安全を委ねている国は他にあるでしょうか。北方領土はロシアに、竹島は韓国に占領されています。尖閣諸島は中国が狙っています。
 憲法改正が必要だという声は、末永くあります。しかしながら政府与党が過半数を超える3分の2の議席を取った後でも憲法改正はできませんでした。できないどころか、国会で議論すらされていません。自衛隊を憲法に明記することや、危機管理条項が憲法にはありません。日本に戦う気がなければ世界は平和であると信じる憲法です。
 先日、憲法改正を求める決起大会もあったようです。言うだけで、やる気があるのか、疑問です。 

 名古屋へ2022.3.31
 昨日30日は早朝家を出て、名古屋まで日帰り出張でした。名古屋駅からあおなみ線に乗り換え、終点の金城ふ頭駅まで行き、現場は宇部三菱セメントの空見SSです。工事完了検査の立ち合いをしました。
 新幹線は、コロナ感染を心配して指定席に乗りました。窓側に一人ずつの一列に2人だけです。名古屋駅は、平日でありながら東京と同じくらいの人出と活気がありました。
 あおなみ線は、2020年1月から3月に「エヴァンゲリオン中京プロジェクト」があったようです。途中に「ささしまライブ駅」とう面白い名前の駅がありました。「シン・あやなみ線」「綾波レイ」をモチーフにしてラッピング列車を走らせ、フォトスポットラリーがあったようです。エヴァンゲリオンにあやかって、宇部市以外でもイベントを行っていることを知りました。
 平日の昼間の移動でしたが、リニア鉄道館やポートメッセ名古屋などに行く親子連れが乗客の中でも目立ちました。
 宇部市では、山口宇部空港公園に子どもの屋外遊び場をビッグに作る予定です。昨日の出張は意外なところで、参考例を感じる機会となりました。

 3月議会が終了。コロナ禍の終焉はいつ?2022.3.29
 本日、宇部市議会の3月議会が終わりました。予算案は全て可決しました。
 
 コロナ情報ですが、今日の発表は、宇部市内で31名です。内訳は10歳未満1名、10歳代11名(小学生1名、中学生2名、高校生5名、不明3名)、20歳代7名、30歳代3名、40歳代3名、50歳代2名、60歳代1名、70歳代1名、80歳代2名(夫婦で家族の接触者)です。
 最近の感染者は、若い世代が中心です。
 感染力が強くても悪性度は反比例していると言われていて、重篤な患者が少ないので、蔓延防止などの措置は解除されています。ただし、手の消毒やマスクの着用や部屋の換気などの予防策は継続してお願いしています。
 コロナ禍の危機感は最近はずいぶん低下していると思います。しかし4回目のワクチン接種も計画されているようです。エビデンスに基づいたワクチン接種を望みます。
 テレビではウクライナ情報がメインになっており、コロナの感染者数だけが報道されていて、中味については情報が流れてきません。あれだけ毎日テレビに出ていた尾身会長はどうされているのでしょう。

 3月議会2022.3.17
 3月9日(水)から11日(金)の三日間、市議会代表質問と個人質問がありました。11日の個人質問が終了後、令和4年度予算審査特別委員会の前期全体会がありました。予算審査後期全体会は3月22日(火)から25日(金)までです。
 10日(木)の本会議終了後に緊急の会派代表者会議があり、宇部市議会として「ウクライナへのロシアの侵攻を非難する決議」を本会議提出を決め、翌日11日(金)の本会議冒頭で可決しました。
 11日(金)の本会議終了後の予算委員会前期全体会の後も会派代表者会議がありました。11日の意見書案件は提出が却下されました。本会議への意見書案提出は全会派一致が原則になります。
 12日(土)午前10時から、新庁舎の完成式典がありました。式典後、見学会がありました。新庁舎での業務は5月の連休明けからとなります。それまで、引っ越し作業があります。
 デジタル市役所を目指しています。議会も各自にタブレット端末が配られています。議案など配布される資料は全てタブレットに配信されていて、この3月議会までが紙とタブレットの併用で準備期間です。4月から本格的にタブレットのみのペーパーレス議会になるはずです。
 一昨日15日(火)は常任委員会がありました。常任委員会(総務財政委員会・産業建設委員会・文教民生委員会)終了後、令和3年度一般会計補正予算(第13回)などの委員会別の審査がありました。本会議では審議、委員会では審査と言います。15日の委員会審査は、各委員会とも全ての議案は賛成多数または全会一致で可決しました。29日(火)の最終日に本会議で表決があります。
 3月15日が確定申告の締め切りでしたが、私は2月中旬にスマホで済ませています。スマホで確定申告するのは昨年度からですが、自宅で簡単にできるので大変便利です。
 昨日16日(水)は常任委員会の二日目でしたが、昨日で終了したため、予備日となりました。その日を利用して、県庁の選挙管理委員会に行き、令和3年分の後援会収支報告書を提出してきました。
 予備日が議会中にたくさん設けてありますが、休憩の為ではありません。議会事務局が議事録を作成したり、正副委員長が議案説明を受けたり、議員が予算書や議案を勉強したりしています。予備日がないと議会が開催できません。そのあたりは、議員になる前はわかりませんでした。 

 世界のリーダーが不在2022.3.2
 2月28日(月)から3月議会が始まりました。3月議会は令和4年度予算の審議もあります。市長の所信表明があり、会派代表質問(1会派2時間)と個人質問(30分)があります。会派代表質問は会派代表がやるとは決まっておらず、清志会は今回笠井議員がやります。(昨年は私がやりました。笠井議員は初めてです。)私は代表質問を笠井議員に任せる手前、個人質問はやりません。

 ロシアがウクライナに侵攻しました。核をちらつかせて脅す発言は893さんと同じで、民族の統一を大義名分に隣国を攻めるのはヒットラーと同じです。ウクライナがNATOに加盟するのを阻止するのがロシアの利益だというのが根拠です。
 各国は経済制裁を実施しましたが、ロシアだけでなく双方に影響が出るので長期戦になれば我慢比べになるでしょう。ルーブルは暴落していますが、天然ガスの供給が止まり、代替えのエネルギーが高騰し、ウクライナとロシアは小麦の世界的な生産国ですから値上げは必至です。物価の上昇と銀行を始めとした金融不安は避けられません。世界経済が一気に落ち込むのか予断を許しません。

 頻繁にテレビで出てくる「NATO」は北大西洋条約機構ですが、別の意味で日本は「NATO」と揶揄されています。「No Action Talking Only」だそうです。アメリカもそんな国になりました。世界の不安定は、アメリカの力が落ちたことが原因だと思います。

 3月議会の前に総合計画と予算案の概要説明2022.2.21
 昨日20日(日)は、朝から雪の舞う寒い一日でした。
 午前10時から4時まで、ゆめタウン宇部店で、宇部かたばみライオンズクラブの献血がありました。骨髄バンクを支援する山口の会の骨髄ドナー登録会も献血と併行で行いました。献血は82名、骨髄ドナーは4人の登録がありました。ドナー登録希望者は6人ありましたが、2名は血圧が基準値より高すぎて登録できませんでした。
 
 今日21日(月)は、午前10時から市議会の全員協議会があり、第5次宇部市総合計画の説明がありました。3月議会の議案に諮られます。それが終わってから、予算委員会があり、令和4年度予算の概要説明がありました。3月議会は28日(月)から始まります。

 コロナ対策の補正予算が可決しました2022.2.18
 2月4日(金)会派代表者会議
 7日(月)清志会の会議
 8日(火)市役所周辺にぎわい創出検討特別委員会
 10日(木)会派代表者会議
 15日(火)臨時議会があり、コロナ対策で飲食店への補助、ひとり親家庭や所得制限で子育て支援金の給付がなかった世帯への補正予算が可決しました。 

 人口減少2022.2.3
 地方の人口減少が顕著です。大変危機的な状況です。
 山口県の人口は毎年約3万人減っているそうです。宇部市の人口も毎年約千人減っています。地元の商業が壊滅的である原因はコロナだけではありません。人口減少による内需の減少が一番大きな原因だと思います。減っていく人口分の消費が減っているわけですから、限られたパイの中の椅子取りゲームのような状況です。
 人口減少対策で、子育て支援策が全国的になされてきました。しかし、それで一向に出生数が増える兆候はありません。子育て支援策が人口減少対策ではないことは明らかでしょう。
 では、「もう打つ手はないか」というと、そうではありません。
 東京などの大都市に集中する人口を地方に分散する方法はあります。
 例えば、山口県内に本社や工場を立地した場合、法人税を大きく(純利益の一割とか)税の優遇措置を設けるとか、地方の企業に勤める社員の給料の税率を下げるなどすれば、地方に移転する企業は増えるのではないでしょうか。
 それが簡単にできない理由は、東京などの大都市の国会議員が人口比で多いことと、特にそういう地方優遇の税制は(国民の平等の観点から)東京・大阪などの大都市が猛反対するでしょう。
 しかしながら、本気で地方創生を実行するなら、国はそれくらいの政策を打ち出さないと地方の衰退は止まらないのではないでしょうか。

 石原慎太郎元東京都知事が亡くなる2022.2.1
 本日午後、私の尊敬する政治家のひとりである石原慎太郎氏が亡くなられたニュースが飛び込んできました。
 大変残念です。

 県知事選挙と県議会議員補欠選挙の真っ最中2022.2.1
 1月20日(木)から山口県知事選挙、28日(金)から山口県議会議員選挙は始まりました。投票日は2月6日(日)です。選挙カーがいずれも二台しか走っておらず、選挙のムードが無いような空気です。投票率が下がるのではないかと心配しています。
 当然ながら、選挙カーで名前を連呼するのが選挙のメインではありません。選挙は、有権者に顔を見せて公約を呼びかけ、候補者も地域全域をくまなく自分の目で見て歩き、今後の政策に生かすこともできるチャンスです。
 名前が売れている人が有利なのは仕方がないにしても、政策が選挙の一番の判断材料であることは間違いありません。普段の政治活動も、選挙活動と区別する必要があります。普段の政治活動は選挙活動に比べて地味なものですが、それが政治家の仕事だと思っています。

 1月17日(月)は臨時議会がありました。コロナ対策の補正予算が成立しました。
 1月20日(木)は総務財政常任委員会がありました。第5次長期総合計画の前期実行計画の素案が発表されました。
 2月8日(火)市役所周辺にぎわい創出検討特別委員会があります。

 ワクチン接種率3割しかない南アフリカではピークを過ぎた?2022.1.14
 本日11名のコロナ陽性者が発表されましたが、ほとんどが20歳の人たちで、先日の成人式の終わった後の同窓会などでの飲食が原因と思われます。
 こんなに簡単にコロナに罹ってしまうとは本人たちも思ってもみなかったでしょう。
 市が制限を要請しなくても、自主的に今月の飲食を伴う宴会は全て中止になりそうです。
 昨日、東京都では感染者の9割がオミクロン株でした。あと1割の怖いデルタ株が残っていると考えて、軽症か無症状のオミクロン株に全てなれば出口は近いのではないでしょうか。「オミクロン株はデルタ株より感染力が強くて怖い」と思われていますから、感染者の病状の情報が欲しいものです。

 17日(月)に臨時議会があります。

 ウイルスとの共存2022.1.13
 宇部市の今日のコロナ陽性者は5人発表されました。5人とも10代から30台までの若い人の感染です。
風邪と同じ症状があるものの、重症や中等症はいないようです。
 オミクロン株が急速に広がっても、インフルエンザの方が明らかに症状が重いので、昨年からのコロナ禍の状況は変わってきていると思います。
 私は、毎年インフルエンザのワクチンも接種しています。人類はインフルエンザウイルスとも共存して生きています。ウイルスを撲滅することはできません(ただひとつ人類が撲滅したウイルスもあります)から、コロナウイルスもそうなることを願っています。
 まだデルタ株も残っているそうです。しかし、出口が見えてきました。

 自粛ムードに2022.1.12
 新型コロナの第6波による影響で、山口県の岩国市を和木町に国から蔓延防止地区に指定を受けました。宇部市でも、ずっとゼロが続いていた感染者がこの数日1〜2名の感染者が出ています。今日は5名も発表されました。
 ただ第5波までの感染者の状況とは違って、宇部市ではこれまで通りの感染防止対策を継続しています。飲食の自粛要請や時短営業要請などはまだありません。
 しかしながら、いろんな行事が主催者の判断で中止になっています。飲食も自粛ムードで、昨日のライオンズクラブの例会も新年会でしたが、飲み食いは無しで弁当持ち帰りになりました。他の飲食を伴う新年会も中止か延期になりました。全国的にはスポーツ大会も中止にはなっていませんが、宇部では「くすのきカントリーマラソン」が今年も中止になりました。
 オミクロン株が、普通の風邪と同じであるか、これまで通りの危険性があるのかまだわかりません。まだ全てがオミクロン株ではなく、デルタ株も3割くらい残っているそうです。
 薬とワクチンが充分に準備されて早く普通の生活に戻すか、ウィズコロナの生活様式で大丈夫だと専門家からの説明が望まれます。

 エラーカタストロフ2022.1.6
 新型コロナウイルスのオミクロン株の感染が、ものすごい勢いで広がっているようです。しかし重症者は少なく多くが無症状か軽症だそうです。山口県内でも岩国市で多数の感染者が出ています。宇部市は幸いにもほとんど感染者ゼロが続いています。(1月2日に久しぶりの感染者が一人発表されました。)
 ネットで興味深い記事を見つけました。あるウイルス学の専門家が「オミクロン株はデルタ株より感染力は強いが、ミスコピーによる変異株でエラーカタストロフの前兆ではないか。」というものです。感染力が強いということは、ウイルスの高い複製能力があるわけですが、遺伝子が正確にコピーされず新型コロナが生き残った後の遠い親戚になっているという説明です。ウイルスの感染力と毒性は反比例するのがウイルス学の一般論だそうです。過去のスペイン風邪などのパンデミックもそういった経緯で消滅していったと言われています。
 新型コロナとの戦いは、完全に消えるまで10年はかかると言われています。しかし、ただの風邪ウイルスになって、ウィズコロナで生活できれば理想的です。
 時間が経たないと、この説は証明できないそうなので、今まで通りの対策を継続することが大事です。
 ただ必要以上に怖がると、これ以上コロナ禍に耐えることが難しいのではないでしょうか。もうコロナ禍は3年目に入りました。
 たぶん責任ある人からは、もう大丈夫と声を出すことはできないでしょう。感染症の専門家から、もっと情報を出して欲しいものです。
 こういう話を書いた直後、国が山口県を蔓延防止に指定するニュースが飛び込んできました。岩国の米軍基地からの感染拡大による対策です。さて、これを受けて宇部市はどんな対策が発表されるでしょうか。

 仕事始め2022.1.5
 新年明けましておめでとうございます。本来なら元旦からここをスタートすべきところですが、パソコンの不調で会社のパソコンからです。今日が私の仕事始めです。
 昨日は、市の互例会が俵田翁記念体育館で行われました。
 今年の始まりは、晴天でした。昨日の株式市場も上げから始まり、幸先のいいスタートでした。今年一年が、コロナ禍を克服し、経済も順調に回復し災害もない一年になることを願います。
 今年もよろしくお願いします。

 今年もあとわずか2021.12.28
 先日ワクチン接種券が送って来ましたが、残念ながら予約受付は来年1月15日からでした。
 今年もあとわずかです。今日は、市役所の仕事納めです。私の勤める会社(大光工業とAN設計)は明日29日が仕事納めで仕事始めは1月5日からです。市役所の仕事始めは1月4日からです。
 
 昨日、今年のショパンコンクールで4位に輝いた小林愛実さんが宇部市の文化功労章で表彰されました。小林愛実さんの実家(小学校4年まで住んでいた)は万倉の後河内という所で、船木からこもれびの郷に行く途中の右側にあります。宗方・神元・伏附の近くです。私も万倉小学校を卒業しましたから私の後輩になります。あの地区には小林という名前の家が数件あり誰のお子さんかよくわかりません。あの田舎から世界の一流ピアニストが誕生するなんて、素晴らしい快挙です。
 私の子ども時代の旧姓は小林です。24歳まで小林克実で育ちました。猶の実父が、私が1歳の時に交通事故で亡くなり、母が小林(義父)と再婚して養子縁組をしていました。「小林克実」と「小林愛実」、誰かに親戚かと尋ねられました。そういえばよく似ていると思います。

 日本のコロナは激減2021.12.23
 12月議会で補正予算に上がっていた、コロナワクチンの第三回目の接種券が昨日届きました。2回目の接種後8か月以上経ってからの接種です。国会の議決を経ての政策ですから、篠崎市長の対策が日本一速い印象です。
 オミクロン株という変異種の脅威が報道されていますが、WHOは、オミクロン株はデルタ株よりも重症化リスクが小さいと発表しました。
 心配するなとまで言えませんが、大騒ぎするのもどうかと思います。日本のコロナ感染者が激減しています。世界でも稀です。理由はわかりませんが、今まで通り手の消毒やマスクなどを徹底していれば、ある程度安心なのではないでしょうか。

 12月議会2021.12.16
 11月30日(火)は臨時議会がありました。
 12月3日から12月定例議会が始まっています。一般質問が7日から三日間ありました。今回の一般質問は過去最高の24名が行いました。私は、議員になってから初めて一番最後(9日木曜日の午後2時半頃から30分間)に行いました。質問の順番は通告順です。
 質問の項目は(1)売却予定の私有地について(2)自治会に非加入者への対応(3)教員免許更新の廃止について。詳しくは市のHPを見てください。2月1日発行の議会だよりにも載ります。原稿はすでに書き終えて議会だより編集委員会に提出済です。
 10日(金)は議案の質疑と予算決算委員会前期全体会。13日(月)は常任委員会と補正予算の分科会。
 明日17日(金)は、予算決算委員会後期全体会があります。宇部市は現在議会開催中なので、今国会で議論されている18歳以下の特別給付金の議案の提出があるようです。議決されれば、宇部市は10万円を一括して年内に振り込む予定のようです。
12月議会の最終日は21日(火)です。

 林芳正衆議院議員誕生2021.11.2
 10月24日の参議院議員選挙と10月31日の衆議院議員選挙が終わりました。結果は、自民党が大敗するという大方の予想をひっくり返し、議席は減らしたものの、政権の安定維持を果たしました。山口県内は全勝です。林芳正衆議院議員を誕生させることができました。
 自民党が負けなかった原因を私なりに考えると(テレビでは言っていません)、新型コロナの終息があると思います。完全に終息したわけではありませんが、選挙期間中に急速に新規感染者が減ったことは事実です。国民は、コロナの終息が一番で、政治には安定を望んでいると思います。選挙期間中、新型コロナ新規感染者が激減したことは、自民党にとって「神風」だったと思います。
 いつの間にか、日本のワクチン二回目接種率は70%を超え、先進国第一位になり、屋外でのマスク率は100%です。海外からは「日本はワクチンとマスクでコロナを征圧した。」と言われています。
 第六波の感染拡大があるとも言われています。無いことを祈ります。

 昨日11月1日(月)宇部市政100周年記念式典が渡邊翁記念館で開催されました。
その中で、ノーベル賞受賞者の本庶先生と、ファーストリテーリングの柳井正取締役会長兼社長の特別ビデオメッセージがありました。とても感動的でした。
 夜8時から花火が打ちあがりました。これも印象的でした。
 宇部市の100年の歴史の重みを感じると共に、偉大な先人に感謝し、次の100年に向けて頑張ろうという気持ちになりました。

 選挙2021.9.16
 今年から来年にかけて選挙が続きます。
 まず10月24日に参議院議員補欠選挙、その後衆議院議員選挙(未定)、来年2月6日に山口県知事選と県会議員補欠選挙。
 そして来年の夏には、もう一つの参議院議員選挙です。再来年4月が統一地方選挙です。
 今月、29日に自由民主党総裁選挙があります。自民党の総裁は、衆議院議員選挙の結果で総理大臣になる可能性が高い選挙です。岸田、河野、高市が手を上げました。私は、靖国神社に堂々と参拝できる人に投票しようと思っています。
 自民党員と自民党所属の国会議員にしか選挙権はありませんが、国民の関心は高いです。

 宇部市議会は、13日(月)に常任委員会と令和3年度第5回と第6回の補正予算の審査分科会が終わりました。明日17日(金)から、令和二年度決算審査特別委員会があります。
 最終日は28日(火)です。

 9月議会の一般質問の通告2021.8.27
 9月議会が9月3日から始まります。7日(火)から三日間が一般質問です。一昨日25日(水)から一般質問の通告(事前に議員から執行部に質問内容を通告し準備させておく制度)が始まりました。
 私も、昨日通告し、今日午前中にヒアリングも済ませました。
 突然質問し、突然答えさせる方が効果があるように思えますが、突然質問しても執行部側が資料等の準備や市長との政策調整が出来ていませんから質問の成果は期待できません。目くらましで驚かせることは質問の目的ではなく、ヒアリングで課題を洗い出し質問要旨を説明し、善処できるように政策に結び付けることが議会質問の目的です。
 また、数値や事業成果を聞くことは、議会質問でなくても普段の議員活動で調査することができます。年4回の議会質問の目的ではありません。

 9月議会では、令和二年度の決算審査もあります。条例案や令和3年度の補正予算も審議されます。今日、決算書や議案が議員に提出されました。

 コロナ陽性者が急増し、宇部市も毎日10人以上の陽性が出ています。9月12日まで、市の施設の利用制限も始まりました。飲食への時短営業も要請されました。

 久しぶりの青空2021.8.19
 二週間ぶりに青空を見ました。すっかり秋の空気です。
 連日、宇部市でも複数のコロナが発生しています。今日は、市の職員が感染したとのニュースです。
 昨日の全国の感染者はおよそ2万5千人で死者は30人でした。確率にして0.12%です。一年前の4月頃は約2%でした。今はデルタ株が主流と聞きます。
 理由として、「感染力が強い。」「PCR検査数が増えた。」「検査の精度が上がった。」「ワクチンの効果が出ている。」「ワクチン接種が特に若い世代に行き届いていない。」などが考えられますが、コロナ陽性者数だけで危機状況を判断するのはどこかで修正が必要です。コロナの危険度が0になることは考えられません。コロナ禍終了の見通しがありません。

 雨季?2021.8.18
 ここのところ毎日雨が降り、梅雨に戻ったのかと思います。前線が日本列島に8月になっても停滞し、こんな夏は記憶にありません。
 このまま太陽が出ず、世紀末はこんな状態なのかと大袈裟ですが心配します。
 普通の8月は「毎日暑いですね。」の挨拶が定番ですが、今年は「毎日雨が降って大変ですね。」という異常事態です。各地で災害が起きています。

 オリンピックに感動2021.8.4
 毎日、感動しながらオリンピックを見ています。日本人も大活躍ですが、外国選手の行動にも大変感動しています。
 中止になってたらさぞかし悲しいことになっていたでしょう。高校野球は、無観客ではないようです。コロナ対策がダブルスタンダードです。オリンピックの無観客は大変残念です。何事もリスク0はあり得ないことですから。

 夏の甲子園へ予選とコロナ2021.7.20
 母校の宇部高校が、一回戦は萩高校に二回戦は萩商工高校に勝ちました。ベスト16といところです。明日3回戦が行われ、地区代表のベスト8が決まります。
 宇部高校は、まだ一度も甲子園に出場したことがない県内唯一の高校です。私が高校3年だった時、宇部高校が県内2チームまで(今では決勝戦出場)勝ち上がり、西中国大会で2つ勝てば甲子園だったところまで行きました。当時は山口県と島根県の二県で1校でした。
 残念ながら、準決勝で浜田高校に敗れました。甲子園には防府商業高校が出場し、甲子園で準優勝しました。
 毎年宇部高の甲子園を夢見ています。今年も一回戦で終わるかもしれないから見納めにと、萩高戦をUPRスタジアムまで応援に行きました。

 余談ですが、オリンピックは無観客に決まりました。しかし高校野球も大相撲も、先日行われたオリンピックへの練習試合の日本対スペインのサッカーもバスケットも観客を入れてます。
 海外では、先日のウィンブルドンのテニスも、ゴルフの全英オープンも満員の観客でした。
 なぜ東京オリンピックだけ無観客なのか理解できません。本番と同じ組み合わせの練習試合も皆観客を入れてます。オリンピックは無観客ですが練習は観客OKなのです。
 ワクチンが普及して以降、高齢者の感染が激減し若い人への感染が目立ちますが、重症者がほとんどいなくなりました。
 東京では感染者数がまた増えてきましたが、ワクチン接種前とはコロナ陽性者の内容が違っていて、単純に感染者数で報道するのはいかがなものでしょう。まだ、「オリンピックを中止しろ」とテレビでは言ってます。海の季節ですが、海水浴場では酒もたばこもなぜか禁止だそうです。屋外でコロナの危険性があるなら、外出もだめだというのでしょうか。オリンピック反対派は、命の危険性があるからと言いますが、毎日コロナ以上に交通事故の死者がでる車は禁止されていません。東京では満員電車が走っています。
 オリンピックを失敗させて政権交代をもくろむ勢力がいるようです。それこそオリンピックの政治的利用ではないでしょうか。

 誰も読んでないだろうと思いながら2021.7.16
 いろいろ考えることはありますが、また書くことにします。

 昨日、林芳正参議が秋の衆議院選挙に鞍替えすることを正式に発表されました。
 私は、以前にも書きましたが、林芳正先生が衆議院に出馬されるなら応援いたします。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66
管理