[NAO活動日誌]
2010年元旦よりシステム変更に伴い「活動日誌」がリニューアルいたしました。
 昨年までの日誌は画面下の「過去の日誌」でリンクされております。
 ひな祭り2012.3.3
 神原ふれあいセンターに飾ってあるお雛様です。
 フジグラン宇部店で骨髄ドナー登録会がありました。
 宇部マテフレッセラテニスコートでは小中高学生へのテニス教室もありました。山口国体記念で、講師は国体選手でした。ものすごい成果があったので来年もぜひやって欲しいという声があがっています。宇部市のソフトテニスのレベルが格段に向上することは間違いないでしょう。

 議会質問の準備2012.3.2
 午前中、産業建設委員長と副委員長への議案勉強会がありました。午後からは会派控え室で個人質問の準備でした。夕方、通告書を提出しました。
 写真は、清水九兵衛(しみずきゅうべえ)氏の『WIG-A』(ウィグエー)です。市役所前の真締川公園(ヒストリア宇部側)に設置してあります。
 明日は、フジグラン宇部店で骨髄ドナー登録会があります。宇部マテフレッセラテニスコートでは小中高学生へのテニス教室もあります。山口国体記念で、講師は国体選手です。

 今日から三月議会2012.3.1
 今日から3月議会が始まりました。たくさんの議案があって、これまでで一番忙しい議会になりそうです。平成24年度予算案もあります。
 今日は、市長の施政方針演説と議案説明がありましたが、午後から会派で議案についての勉強会でした。ここのところ毎日議案をみんなで研究しています。
 写真は真締川公園(税務署前)に設置してある、山内壮夫(やまのうちたけお)氏の作品で『産業記念像』です。昨日の作家と同じです。常藤三角公園にある作品も同一作家です。神原校区内には山内壮夫氏の作品が三つもあることになります。

 正副委員長へ議案説明2012.2.29
 昨日市役所で3月議会の議案についての事前説明会が、産業建設委員長と副委員長にありました。今回は議案が多く、一日で終わりませんでした。次は3月2日にあります。
 写真は、真締川公園に設置してある、山内壮夫(やまのうちたけお)氏の『母のひざ』です。

 毎日時間が足りない2012.2.27
 エルピーダメモリーが会社更生法を提出しました。円高が原因の日の丸半導体メーカーの倒産です。近年、日本で唯一生き残った半導体メーカとして注目されていました。世界シェアの約2割を占めていました。日本国内の製造業としては過去最大の負債(4480億円)だそうです。日本政府の政策の失敗とも言われています。
 今日はそのニュースでここを書き終えるつもりでしたが、夜NHKの「プロフェッショナル」という番組を見て感動しました。飛騨高山のパン職人、成瀬正さんの仕事ぶりと職人気質を見て、久しく自分が失いかけたものを取り戻した気分です。
 今日は、午前は宇部健康福祉センター(宇部環境保健所)で、宇部かたばみライオンズの行事で、薬物乱用防止グッズの寄付セレモニーに参加しました。午後からは市議会の会派で、公共事業(ハード)の進捗状況の勉強会をやりました。3月議会へ向けての準備です。朝と夕方だけは会社で仕事です。時間の隙間を作って、市役所内をいろんな用事で回っています。
 写真は、市役所正面に設置してある濱野邦昭氏の「宇宙」です。

 ビエンナーレを見直す市民会議が波紋を呼ぶ2012.2.26
 写真は、市役所正面玄関前にある、中岡慎太郎氏の『Dreamer』です。
 昨日の宇部日報のニュースで、「ビエンナーレを
を見直す」という趣旨で開始された市民委員会の話がありました。それを受けて、多くの市民から「見直すのはなぜ?」「せっかくの彫刻でのまちづくりを終わったらもったいない」などとの意見を多くいただきました。
 これからの彫刻を考える市民委員会ならいいのですが「50年を契機にビエンナーレを見直す」と最初にうたわれては、市民が驚くのは無理ありません。なぜそういうタイトルで会議をやるのか疑問です。

 常盤公園のことでまだ市民が怒っている2012.2.25
 神原校区文化体育委員会の研修会が、ココランド山口宇部でありました。
 神原校区の文化体育行事を主催している団体の年度末懇親会です。多くの人から、常盤公園の白鳥を鳥インフルエンザ騒動で処分したことと、彫刻展(ビエンナーレ)を見直す市民委員会のことで、宇部市から宝を無くすのかと問われました。お怒りの意見がほとんどです。
 写真は、琴芝児童公園にある向井良吉氏の『懸ける』です。

 二日分の日誌2012.2.24
 23日昼間、湖水ホールで宇部市国体実行委員会の総会がありました。夜は、宇部ソフトテニス連盟の理事会が宇部マテフレッセラテニスコートの会議室でありました。総会は3月9日です。
 今日昼間は、会派控え室で平成24年度予算の勉強会。夜は神原ふれあいセンターで神原校区社会教育推進委員会がありました。
 昨日、3月議会の議案と平成24年度予算案が配布されました。3月議会は3月1日からです。連日、会派の部屋で議論と勉強会を行っています。一般質問と会派の代表質問の準備もやっています。とても忙しくなりました。気がつけば、昨日の日誌を書き忘れていました。
 写真は、先週の土曜日午前中の井筒屋前の宝くじ売り場の様子です。

 宇部商工会議所の会員大会2012.2.22
 夜、宇部商工会議所の会員大会がありました。
 写真は、宇部郵便局の前の、菊竹清文(きくたけきよゆき)氏の『ハートフルコミュニケーション』です。先端のシルバーの金物は、ある一定の周期で回転します。

 ごみ焼却炉を視察2012.2.21
 昨日、午後から宇部市ごみ焼却場(環境保全センター)の旧焼却炉を視察しました。新しい、溶融炉ができたあと、旧炉が使われずにそのままになっています。その状況を視察しました。
 夜は、宇部かたばみライオンズクラブの例会でした。

 今日は、午後から宇部市野球場で(財)宇部体育協会の優秀選手表彰式がありました。

 写真は、番浦有璽(ばんうらゆうじ)氏の作品で『風』です。常盤通りのクシベ前にあります。

 携帯を落とすが見つかる2012.2.19
 日曜日ですが、昼間会社で仕事をしました。その後、猫の餌などの買い物に行ったのですが、携帯電話をなくしました。これで二度目ですが、なんとかスーパーで見つかりました。拾った方が店に届けていただきました。半分諦めていました。
 毎日持ち歩く物に「財布、携帯電話、時計、鍵、かばん、携帯カメラ、手帳」などがありますが、いつも「酒と亀」と口ずさんでは、置き忘れに気をつけていますが、どうも失敗が時々あります。
 今日の携帯電話を探すのには、車で移動しましたから時間がかかりました。なんとももったいない時間でした。
 写真は、青少年会館前に設置してある彫刻、澄川喜一(すみかわきいち)氏の『そりのあるかたち』です。

 彫刻ウォーク2012.2.18
 午前中、神原校区社会教育推進委員会の「まちづくりサークル」行事で、彫刻ウォークを開催しました。神原校区内の彫刻を、宇部ふるさとコンパニオンのガイドで彫刻ウォッチングを楽しみました。
 写真は、三角公園と呼ばれているところにある、山内壮夫(やまのうちたけお)氏の『鳥とあそぼう』です。約50年前の作品で、宇部市では初期の彫刻です。初期には、宇部新川駅前に置いてあったそうです。コンクリート製でした。こんなに古くからあったのかと感動しました。
 井筒屋の前を通りましたが、宝くじ売り場は大行列でした。
 午後は、周南市の新南陽駅へJR宇部線経由で行き、東ソー会館で午後4時半から「山口県ソフトテニス連盟」の総会行事で、連盟表彰式と懇親会に出席しました。
 午後6時半からは、徳山駅へ行き「工学院大学卒業生の山口支部幹事会」に参加しました。

 臨空頭脳パークへ進出2012.2.17
 宇部臨空頭脳パーク進出協定調印式が午前11時より市役所であります。株式会社ヤマシタが進出することが決まったそうです。2週続けて企業の進出協定です。
 臨空頭脳パークは、いつのまにか残りあと5区画しかありません。大きい区画は4区画です。
 テレビ局が取材に来ていましたが、まさか私がテレビに映っているとは思いませんでした。あとで見た人から聞きました。

 震災復興宝くじ2012.2.15
 震災復興宝くじの発売が14日から始まりました。1等前後賞合わせて5億円はすごいのですが、当たる確立は下がります。当たる確立が高いほうが庶民には夢があると思いますが、今回は『震災復興』という目的がついているので、寄付のつもりで買おうと思っています。
 ところが、常磐町1丁目井筒屋前のチャンスセンターでは大行列で、買うことができませんでした。年末ジャンボで3年連続1等が出ている売り場ということでテレビにも出て有名になりました。一昨年は2本も1等3億円が出たそうです。

 産業建設委員会2012.2.14
 13日(月)午前9時より、宇部市役所で産業建設委員会がありました。
 議題は、「常盤公園の動物園整備計画」「常盤公園を考える会について」講演整備局からの説明。「ガス料金の値上げについて」ガス水道局からの説明、「中小企業振興条例について」産業経済部からの説明。
 いずれも3月議会で議案上程される前の状況説明と質疑です。
 写真は、有帆川です。先日の国近橋から撮ったこもれびの郷方面です。川岸に桜の木を植える話があります。

 骨髄バンク中四国ブロックセミナー2012.2.12
 中四国ブロックセミナーは、翌日12日(日)に広島と岡山から来た団体を下関まで送って終了です。こういうふうに全国各地を巡って風物を見て回ることもボランティアの楽しみです。
 写真は11日(土)のセミナーの様子です。患者本人の話を直に聞きました。
 今年になって、ゴルフコンペ、骨髄バンクのブロックセミナー、ソフトテニスの大会など、大きな行事がやっと終わりました。まだ平成23年度の行事は残っていますが、少しほっとしました。まだ3月3日のフジグラン宇部店での骨髄バンク登録会や宇部ソフトテニス連盟の総会などがあります。

 小野杯選抜インドアソフトテニス選手権大会2012.2.11
 9日(木)は、宇部かたばみライオンズクラブが、夢タウン宇部店で献血会を行いました。(写真)
 10日(金)は市役所で、ユーディーエンジニアリング鰍ェ宇部新都市に進出することになり、進出協定調印式がありました。
 午前9時から、俵田体育館で小野杯選抜インドアソフトテニス選手権大会を行いました。
 午後から特定非営利法人全国骨髄バンク推進連絡協議会の中四国ブロックセミナーが、ココランド宇部で行われました。東京、奈良、広島や岡山、島根から骨髄バンクのボランティアおよそ30人が集まりました。

 13日(月)に産業建設委員会2012.2.8
 来週月曜日に、産業建設委員会を開催することになり、今日は市役所で午後から正副委員長と執行部の事前打ち合わせをやりました。3月議会で常任委員会が開催されるのですが、重要案件が複数議案提出される予定で、議会開催中の審査では時間不足になる恐れがあります。できるだけ早いうちに委員会で質疑を開始したいという理由で今月の召集となりました。
 写真は、万倉こもれびの郷付近を流れる有帆川に架かる国近橋です。

 海底トンネル工事で事故2012.2.7
 三日連続で火事の写真です。罹災された方には誠にお気の毒ですが、火事が怖いことを実感しました。
 岡山県倉敷市の水島コンビナートで、工場と工場をつなぐ海底トンネルの工事で事故があったようです。このニュースで、関門海峡より長い距離で海底トンネルの工事が一般企業で行われていたということに驚きました。地元の宇部興産が自社の敷地をつなぐ橋を宇部港に架けていることは知られていますが、その海底トンネル版です。事故は不幸なことですが、すごいことをやっているものだと思いました。
 それにしても、テレビの全国版は東日本のニュースがほとんどで、西日本のニュースをほとんど放送しません。台風のニュースでも、関東地区に台風が進んだときは大騒ぎしますが、西日本に接近中は全国ニュースにはなりません。この格差は昔から異常だと思っていました。
 先日、関東で4年以内にマグニチュード7以上の直下型大地震が起きる確率は70%という発表がありました。この発表によって、今後地方への分散が進み、東京への一極集中が終わるかもしれません。
 明治維新の後、長州藩が山口県に首都を持って来なかったのは残念だと思っていましたが、今後は地震の少ない西日本に副都心か首都そのものを移すことも現実化するかもしれません。
 災害も人口も、東日本に偏っているように思います。

 恥ずかしい話ですが、スマートフォンを使いこなせなかった2012.2.6
 インターネットニュースで「料金削減、電話アプリの選び方」という、スマートフォンに関する記事を読みました。スマートフォンは自動的に電話を発信(アンダーグラウンドで)してしまうので、これまでの携帯電話と比較して、通信料金が跳ね上がるという問題が指摘されています。
 実は、私も昨年8月にスマートフォンを買って挑戦しましたが、昨年12月にギブアップしました。私も今日のニュースで指摘されていた通り、スマートフォンは格好いいけど勝手に発信したり着信したりで自分では使い切れないと判断したからです。
 とりあえずスマートフォンを使いこなせると判断するまで従来の携帯を併用していたので、混乱は最小限ですみました。
 流行していることは理解しています。それについていかなければどこかで時代の波に乗れなくなるという不安もあります。
 しかし、私の決断は「パソコンはパソコン。電話は携帯の方が便利」ということです。今後パソコンが何かと合体して便利になるとすれば、それはテレビなどの電話とは別な商品ではないかと思います。
 せっかくスマートフォンが大流行しているのに水を差すようですが、皆さんはスマートフォンで困ったことはありませんか?本当に便利になったでしょうか。

 火事2012.2.5
 昼頃、宇部市総合福祉会館へ向かっていたところ、福祉会館のすぐ北側で火事に遭遇しました。休日診療所の東隣です。鎮火したようで放水作業が止まっていたところ、また煙が上がり始めました。

 今年初めてのソフトテニス大会2012.2.4
 ソフトテニスインドアB級C級選手権大会が、宇部マテフレッセラテニスコートでありました。

 確定申告2012.2.3
 ANAクラウンプラザホテルで受け付けられている確定申告に行ってきました。昨日からですが、3月15日までです。
 夜、宇部かたばみライオンズクラブ認証30周年記念事業委員会がありました。

 マイナス3度2012.2.2
 今日の日中の天気予報は雨でしたが、なんと雪が降りあっというまに10cmくらい積もりました。おかげで、道路は大渋滞でした。普段20分くらいのところが、一時間くらいかかりました。冬用のタイヤをはいている車とノーマルの車の違いで、スリップ事故が多発していたようです。普段雪が降らない地域の甘さでしょう。それにしても寒い日が続きます。日本海側は大雪のようです。

 宇部ソフトテニス連盟三役会議2012.2.1
 夜、宇部マテフレッセラテニスコートで宇部ソフトテニス連盟の三役会議がありました。主には、来年度の役員の改選の話です。

 国民は税金を上げてまで年金に期待しているか2012.1.31
 昨夜は、若き経営者の会のOBと現役合同新春の懇親会がANAクラウンプラザホテルでありました。
 ニュースで、2060年には日本の人口が約4千万人減って8千万になって、65歳以上の高齢者が全体の約4割を占め、一人当たりの高齢者を支える生産年齢人口は1.3人という数字を見ました。年金制度は世代間を支えるもので、現在納めている年金は今の年金受給者を支えるものです。
 現在でも、4人が一人の高齢者を支えている年金制度が破綻寸前というのに、今の年金を払う世代が受給者になった時、制度が成り立っているはずがありません。1.3人までいかなくても、2人が1人の高齢者を支える時代はすぐ来ます。
 増税なしに年金制度を維持させることができないことが解りきっていれば、これを今の若い世代がどう理解すればいいのでしょうか。消費税率を上げれば解決するとは思えません。年金の充実を期待するより、自分の将来のことは自己責任で自分のために積み立てていくという選択肢がなかったのが不思議です。
 国家は、真に困った人だけを助けるのが本当ではないでしょうか。生活保護も同じです。平等に救うという考えは、世代間の不平等を作っているように思えます。年金制度や医療の国民皆保険は当たり前のようで、少子高齢化社会では国民に相当な負担を強いる制度だと思います。
 税金を何倍も上げてまで国民は年金に期待しているかどうか、一度国民に問うてみるのはどうでしょうか。

 国の財政改革が遅れているのを地方のせいにするとは2012.1.29
 「消費増税に対する国民の理解を得るため、地方側も行政改革などを通じた歳出削減に取り組む必要がある・・」と、民主党の岡田副総理が発言したそうです。しかし地方から言わせてもらえば、市町村はすでに何年も前から市町村合併を含めて大リストラを敢行しており、国の方がリストラがかなり遅れているのではないでしょうか。市町村合併は道州制も視野に入れて実行してきましたが、その後都道府県の合併も全く進んでいません。
 岡田氏の発言は、消費税は地方の収入にもなるという意味でしょうが、国の財政改革を先延ばしして、これまで地方交付税などの三位一体の改革で国が地方の財政を圧迫してきたという事実認識が足りないと思います。
 
 今日は、正午から神原11区自治会の新年会に出席しました。自分の自治会は19−1区ですが、毎年11区から案内を頂いています。
 夜、BSテレビで「2005年6月12日に行われた米国スタンフォード大学の卒業式でスティーブ・ジョブズが行ったスピーチ」を見て、感動しました。検索すれば日本語文で読むことができます。
 写真は、中国海南島三亜(さんあ)にあるホリデイ・インのホテルの部屋からの眺めです。ここに12月31日と元旦の二泊しました。ここは最高でした。ベトナムに近い島で、正月でも気温は30度くらいあります。

 公明党新年賀詞交歓会2012.1.27
 夜、「公明党の新年賀詞交歓会」がANAクラウンプラザホテルでありました。骨髄バンクを支援する山口の会の会長として出席しました。
 写真は、賀詞交歓ではなく、まだ紹介し切れていない中国の写真で、新幹線の中です。ほとんど日本の新幹線とそっくりです。

 ところで、昨日の宇部日報の「無辺」を今日読みました。今春卒業予定の県内の大学生の多くが就職難ということです。まだ三人に一人が未内定ということです。
 これは大変な数字です。今政治が解決しなければならないことは山ほどあり、予算が足りないことは十分承知していますが、名前は変わっても「子どものための手当て」とかお金を配ることが一番先でしょうか。目の前に解決すべきことには順番があるとのではないでしょうか。
 将来を担う若者の三人に一人が就職できないということを先に解決しないで、日本の将来に夢はありません。まず仕事を造るべきではないでしょうか。今こそ(公共工事で)震災復興を急げば、仕事はたくさん生まれる(お金が回る)し、求人を増やすことに繋がるでしょう。戦後の復興期を真似て「復興宝くじ」を発行するのもひとつの手です。こんな時代に消費税をあげては、不景気を加速するかもしれません。
 宝くじの一等を、3億円から約7億円に引き上げる法案を出すというニュースも見ました。3億円も7億円も、庶民には手の届かない額です。当たる確立が下がるより、3億円のままでも十分夢のような金額です。
 政府が急いでやろうとしていることは、何か感覚がおかしいとは思いませんか?

 試験の疲れがどっと出ました2012.1.26
 写真は、中国の新幹線の窓につけてあった緊急避難用のハンマーです。日本の新幹線では見かけません。このハンマーでは割れそうにないほどのガラス(強化ガラス?)の厚みでした。

 今日は、風邪をひいたからではありませんが、昨日の緊張の疲れがどっと出ました。

 講習と終了考査が終わりました2012.1.25
 一日かけて、建築構造設計一級建築士の3年に一度の指定講習とその終了考査が終わりました。結果は2月末発表です。
 資格取得のときは構造力学的な内容の講習と試験でしたが、今回はかなり実務に近い内容の講習と終了考査でした。最近の地震などの被害の実例などもありました。試験に出るという感覚で講習を受けていますから、皆必至で資料を読みながら聞いていました。およそ6時間の講習が終わった後はくたくたでした。そのあと1時間の終了考査でした。
 写真は、中国の海南島の海口(はいこう)から三亜(さんあ)までの新幹線です。形はどこかの新幹線にそっくりです。時間はおよそ2時間、料金はたったの1200円(100元)です。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65
管理