[NAO活動日誌]
2010年元旦よりシステム変更に伴い「活動日誌」がリニューアルいたしました。
 昨年までの日誌は画面下の「過去の日誌」でリンクされております。
 ボーリングで246!!2010.6.22
 夜、神原レインボーのボーリングでした。1ゲーム目は140で平凡だったのですが、2ゲームめになんと246のハイスコアー(自己ベスト)が出ました。(写真)トータル386で初優勝しました。別に練習したわけでもなく、なぜこんなスコアーが出たのかわかりません。二度とないと思います。

 現役国家公務員の天下りを認める?2010.6.22
 昨日は、朝から北九州市役所へ行きました。工作物の確認申請がおりました。

 今朝の、毎日新聞の記事ですが驚きました。
「政府が策定中の国家公務員の出向や再就職の指針などを盛り込んだ「国家公務員退職管理基本方針」の全容が21日、明らかになった。近く閣議決定する。毎日新聞が入手した原案によると、官庁人事の停滞回避や、公共部門での知見の活用を根拠に、独立行政法人などに公務員が出向する「現役の天下り」を容認。次官や局長レースに敗れた高級幹部の受け皿として上級の「専門スタッフ職」を新設するなど公務員に手厚い内容となっている」

 公務員制度改革法案は、菅総理誕生後国会を開かず参議院議員選挙に突入したため法案が流れ廃止になりましたが、「現役の天下り」を堂々と認めるまで変身するとは、昨年の衆議院議員選挙の民主党のマニフェストは何だったのでしょうか。これだけ嘘が続くと呆れるばかりで、国民をだまして政権を取ったと言われても仕方がありません。できないことを公約にしていたということでしょう。

 民主党は、よく昨年の政権交代を「明治維新」にたとえますが、徳川幕府が倒れるきっかけとなった高杉晋作の功山寺での挙兵は、数の力で始まった訳ではありません。高杉晋作のたった一人でも立ち上がるという決意があって、多くの人の心を動かしたのです。選挙で国民をだまし数の力で政権を取ったのとは訳が違います。明治維新の理念はもっと崇高です。

 明後日、参議院議員選挙が告示されます。昨年の衆議院議員選挙で生き残った数少ない保守の砦(とりで)に芸能人候補を送り込み、まるで江戸幕府が「これでもか」と長州征伐するかのように思えます。山口県人はそういう軽い政治理念を吹き飛ばして欲しいものです。
 私には、民主党が「白虎隊」(東日本代表)で、自民党が「騎兵隊」(西日本代表)に思えます。
民主党という仮面をかぶった白虎隊に、騎兵隊が戊辰戦争(明治維新)のあだ討ちを受けている感じです。

 消費税値上げ?2010.6.19
 民主党も自民党も消費税を10%にするマニフェストを出しました。消費税率1%で2兆5千億円ですから、12兆5千億円の収入増です。支出の方は、100万円の支出に対し5万円もの大増税となります。
 ちょっとマッタです。民主党の選挙目的のばらまきマニフェスト実行の財源を補うために大増税では納得できません。自民党の掲げる消費税率アップは、そういうバラまきを無くし、正攻法に日本の将来を考えて将来の不安を無くすための年金や健康保険の財源不足を補うためです。この違いは大きいと思います。菅総理は、「自民党案の消費税10%を参考にさせていただく」と発言されたようですが、参考にするのなら、まず選挙目的のばらまきを止めることです。
 政権交代になった昨年の衆議院選挙を思い出してください。民主党の主張は、ばらまきと批判された子供手当てなどの財源は、「無駄を無くせば埋蔵金が出てくる」という主張でした。ところが、平成22年度予算では、財源は国家の税収額をまで超える巨額の赤字国債でした。それでも鳩山総理が消費税は4年間上げないと言ったと思ったら、総理を据え替えたあと「消費税10%」です。そんな馬鹿な話はないでしょう。
 私が総理なら、消費税を10%にまでするのなら、国民年金や厚生年金の基礎年金部分や国民健康保険を無料にしたいところです。もちろんNHKの受信料や子供の給食費も全額国負担です。払うものが払わないものの負担分まで補っているのは公平ではありません。正直者が馬鹿をみない世の中は私の主張です。

 「脱小沢」の言葉が、民主の支持回復の「魔法の言葉」として、国民がまただまされているようですが、これも「脱小沢」ではなく、目の前の参議院選挙が終わるまで(民主党の党首の任期は9月まで)の、「小沢隠し」が正しいと思います。その後3年間も国政選挙がないということで恐怖ですが、国民の選択が間違わないことを祈ります。

 「子供すくすく条例」が不成立の理由は2010.6.18
 今日は、朝から北九州市役所へ仕事で行きました。新日鐵高炉セメント梶i新日鐵の子会社)の仕事で、セメントサイロの工作物確認申請をしています。山陽自動車道のおかげで、ほぼ昼までで終わりました。

 宇部市議会で「子供すくすく条例」に議会が反対した理由は、議会が子供をすくすくと育てることに同意しなかったからではありません。条例案に「子どもをすくすく育てるための市民の責務」など、常識で当たり前のことが書かれており、その当たり前のことを普及啓するのに約467万円(ポスターなどの制作費と最大50万円の補助金を8つの団体に配るという執行部の説明)もの予算を使うという内容だったからです。今年度は県からの補助金ですが、条例には「この条例のために市が予算措置をする」と書かれています。つまり、市が「当たり前のことを普及啓発する」ために支出をするというのが、「不要な条例」と判断されました。この条例がなければ困る緊急事態でもなく、条例制定でどう良くなるということもはっきりしません。あっても邪魔にはならないという理由で賛成された議員もおられましたが、県条例にすでにこの種の条例があるので、多くの議員が市条例には不要と判断しました。

 私は、この条例の文面に「子育て支援団体(ボランティア団体)の責務」の『責務』という言葉に、「ボランティアに責任と義務を条例化すること」に違和感を持っていました。ボランティアは、人から言われてするものではありません。感謝こそされても、ボランティアで関わったら義務や責任があるものではないと思います。ボランティアは自己満足でやっていると思います。感謝されなくてはならないものでもありません。ボランティアの責務をつけないと市政ができないのであればおかしいと思います。今度の国体ボランティアでも同じことが言えます。

 前市長までは、議案が提出されるまでに議会と調整(議員の多数の意見が条例案に反映される)されることが多く、議会が最終的に反対することは無かったそうです。今の正副議長は、「議会の審議優先で事前に調整することはない」という判断でした。そうであれば、議会も民意を反映させるためにあるのですから、審議をすれば議案に反対するものが多かったというのも議会が正常に機能したと言えるのではないでしょうか。

 片山さつきを囲む会2010.6.17
 昨日午後2時から、『片山さつきを囲む会』が宇部全日空ホテルでありました。(写真)財政について、とても頭の切れる人という印象を持ちました。参議院選挙に比例で立候補予定だそうです。
 今日は、6月議会の最終日です。委員会に付された議案の審査結果が委員長から報告がありました。すべての議案の討論と採決が行われました。(略称)「子どもすくすく条例」と「心身障害者福祉手当条例廃止案」は議会で否決されました。その他の条例や承認事項は可決しました。
 昨日引用した文章を読んで思うことは、「子供手当て」の目的が、少子化対策なのか、生活支援対策、あるいは景気対策なのかはっきりしないということです。巨額の赤字国債を発行しても支給されるのですから、選挙対策なのかもしれません。ということは、来月の参議院議員選挙が終われば3年間は国政選挙がないわけですから、取り止めになるかもしれません。

 ある掲示板からの引用12010.6.16
少子化が進んだ原因は、この人の意見だけが原因ではなく結婚年齢が遅くなったこともあると思います。まずは読んでみてください。
________________________________________
そもそも子供手当の目的が曖昧じゃない?
最初は、少子高齢化対策=子供を増やす、ってのから始まった。
財務省のパンフにも、そう書いてある。
だけど、世論の多くが言ってるように、子供手当で子供が増えるなんてのは、ほとんど不可能だ。
今みたいに雇用が不安定で、所得も満足じゃない若い世代には結婚できる経済力のない人が多い。

既に結婚してる世帯の子供の数ってのは、この数年変わってないよ。
増えてもいないし、減ってもいない。
ずっと2人だ。
全体的に見ると、これが2人に満たないくらいの数字に減ってきたんだ。
ようするに、結婚しない人が増えたから、少子化が進んだということ。
だから、既に生まれてる子供に金を支給しても、少子化対策にはほとんどならない。
経済的に困難な若者が、普通に家庭を持てるくらいの所得を得られるように対策をたてるほうが、筋なんだ。

子育て支援というけど、今の経済状況で、(税収37兆円で歳出がその倍以上)少子化対策にもならないような金の使われ方がマトモとは思えないよ。
やるべきことの優先順位が間違ってるように思うね。

君が挙げたような、累進課税の強化とか最低賃金の改善、役員報酬の開示は、民主党も努力しているし、これからも税制改革の中に入れているし、わたしも賛成だ。
ただ、最低賃金に関しては、中小零細企業では難しいね。

消費増税は仕方ないが、低所得者に過重な負担にならないように、逆進性の緩和策も必要だけど、それも菅さんが考えてるだろう。

いずれにしても、現行の子供手当は無駄だね。

子育て支援というなら、それこそ支援を必要としている貧困世帯にだけすればいい。
支援ってさ。
それを必要としている人にしてあげるから、支援っていうだろ?
金持ちに、金の支援が必要かい?

 ある掲示板からの引用22010.6.16
 ヤフーの掲示板に載っていたものです。考えさせられました。「子ども手当て」のばらまき行政に疑問がでます。原文のまま載せます。
_________________________________________
子供のいる人は、「子育ての負担」という言葉を使うよね。
それを言うと、子供に恵まれない人の反感を買うだけだよ。
恵まれなかった人からしてみたら、子供のいる幸せと金と、両方を得る人と、
子供のいない不幸を背負った上に、金まで幸せな人に持っていかれるということだからね。
子育て負担の無い人から負担のある人への再配分って言葉は、負担させられるだけの人の神経を逆撫でするよ。

たぶん、子供に恵まれずに、お金にも恵まれない人からしたら、お金はいらないから、子供だけでも欲しかったって心境じゃないの?

子供に恵まれたんだから、「子育ての負担」って言い方はやめたほうがいい。
子育ての喜びのほうがあるでしょ?
でなかったら、負担覚悟で子供なんか産まないものね?

それとも、子供が欲しくても、何かの事情で持てなかった人でも、子供を育てていない責任を取って、子育てしている人に協力するのが当然って言いたい?
そうだとしたら、君の子供は、自分と違う立場の人の気持ちを理解しようとさえしない冷酷な大人になりそうだね。
子育てができるだけでも、それができない人より幸せと思えない?
それとも、負担のほうが気になるのかな?
子育てしない人のほうが、自分たちより楽してるって、そういう気持ちになっちゃうのかな。

わたしは、子育てができない人のほうが辛いんじゃないかと思うけど。

だから、現金支給ってのは、誰から誰に金が移ったかがわかりやすい分、負担する側の心情がまったく考慮されていないということだ。

保育所や給食費に充てるほうが、誰が得して損したかがわかりにくいから、無駄な感情対立を生まなくて済む。

子供に恵まれる、恵まれないってのは、ものすごくデリケートな問題だからね。
負担する側の気持ちも、充分、考慮しなきゃ、世論の反発を無駄に増幅させかねない。

 委員会の予備日2010.6.15
 写真は先日の全国骨髄バンク推進連絡協議会の懇親会のときのものですが、私が樽酒を割る一人になりました。
 今日は、議会は委員会の予備日で休会です。17日の本会議まで、議会の外でいろいろ動きがあるかもしれません。

 常任委員会2010.6.14
 今日は常任委員会がありました。私は都市建設委員会です。旧宇部銀行の指定管理者認定の件と市営住宅の指定管理者設置条例の件などがありました。
 継続審議になっている「子どもすくすく条例」と「心身障害者手当て条例廃止」が文教民生委員会で審査されましたが、どちらも委員会で否決されたようです。めったにないことですが、議会は市長が提案した条例に全て同意というわけではなく、正常に機能したとも言えるでしょう。17日の本会議で採決されます。

 安倍元総理が講演2010.6.13
 昨日は、山口県地方議員連絡協議会総会が湯田でありました。安倍晋三元総理大臣の講演会もありました。午後は、骨髄バンクを支援する山口の会総会でした。
 今日は岸信夫参議が午後2時半から、厚南ゆめタウン横で街頭演説されました。同じ頃、なんと菅総理が宇部に来ているという噂を聞きました。これには驚きました。昨日は安倍元総理と麻生元総理が来ています。山口県は、天王山ということでしょうか。自民党が強い山口県を民主党が総攻撃する長州征伐だとも言われています。

 議案について質問の日2010.6.11
 今日は、今議会に上程されている議案についての質問の日でした。市営住宅の指定管理者への移行する条例と、旧宇部銀行建物の指定管理者選定についての質問がありました。

 一般質問3日目2010.6.10
 全国大会終了後の懇親会で、樽酒をオープンしたあとの、大谷貴子さんとのツーショットです。右奥に加藤先生が写っていました。造血間幹細胞移植では有名な先生です。
 今日は一般質問の最終日でした。

 議員同士の話し合いは議場の外でも2010.6.9
 一般質問二日目ですが、午後10時から始まり午後3時前に終わりました。議会が休憩すると、議員同士で、常任員会にかかっているそれぞれの議案に対し、意見交換をしてます。短い時間に情報収集です。
 とくに、3月議会から継続審議になっている「子どもすくすく条例」と「障害者給付金廃止」の条例の話題です。常任委員会は月曜日に開催されます。

写真は、秋田県のなまはげだと思います。バンクの大会のときに撮りました。

 一般質問初日2010.6.8
 写真は、認定NPO法人全国骨髄バンク推進連絡協議会の全国代表者会議(日曜日)の様子です。自席から撮ったので全体がわかりませんが、日本全国各地から参加しています。この部屋に約80名くらいいたと思います。立って挨拶しているのは、会長の大谷貴子です。
 今日は6月議会の一般質問初日です。

 山大病院へ定期健診2010.6.7
 月曜日の今朝は8時までに会社へ出勤して会議でした。午後は山大病院へ定期健診でに行きました。今回は、耳鼻科と歯科口腔外科の定期健診が重なりました。検査もあったので午後4時過ぎまでかかりました。残念ながら左耳の突発性難聴はまだ治っていません。半年は様子をみないといけないそうです。
 口腔外科の方は順調です。4月に検査してもらった睡眠時無呼吸の結果も良好で、ほとんど正常です。ほとんどというのは、正常値の範囲ということです。
 夜はかたばみライオンズクラブの例会でした。
 明日から、市議会の一般質問が始まります。

 宇部に帰ってきました2010.6.6
 今日、午後の便で宇部に帰ってきました。午前中は、全国代表者会議がありました。山口の会の会長として出席しました。
 写真は昨日、東京有明医療大学で行われたNPO全国骨髄バンク推進連絡協議会(認定NPO団体になりました)の20周年記念大会とシンポジウム「患者さんを支える人たち」の様子です。
 写真のパネリストは、左から、荒井dase善正(プロスノーボーダー)、大野寿子(メイ・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン事務局長)、樋口明子(がんの子供を守る会ソーシャルワーカー)、小澤美和(聖路加国際病院小児科医)、三森裕(プルデンシャル生命保険株式会社副会長)、櫻井康司(学校法人花田学園理事長)です。一番右は、NPO全国骨髄バンク推進連絡協議会会長の大谷貴子です。

 6月議会2010.6.4
 今日から6月議会が始まります。今日は午前中、議案の提出説明などがあります。
 午後から、NPO全国骨髄バンク推進連絡協議会の総会出席のため、東京へ行きます。
 午前中、民主党の新しい代表が決まります。あわただしい一日です。
 今日は私の誕生日でした。東京に着いてすぐ、押上駅まで行き、あの建設中のスカイツリー(写真)を見に行きました。

 菅だと感無量2010.6.3
 次の総理に菅直人氏が有力になりました。前原氏、岡田氏も菅を支持すると表明したようです。決定するかどうかは、民主党の最大会派の小沢氏の意向次第だと思います。
 実は、菅直人氏については、私には特別な思い出があります。私が東京の国立市に住んでいた頃(大学2年の1976年頃)、当時は中選挙区で東京7区だったと思いますが、、菅直人氏が衆議院選挙に立候補されていたことがあります。当時何かで彼が山口県の宇部市出身で宇部高にいたと聞いただけで共感し、選挙の応援をしたことがあります。私は政治の「せ」の字も解からず、単なる学生でしたが、ハンサムでカッコ良かった菅直人にほれ込んで、学生達の票集めを一生懸命やりました。残念ながらその選挙も次の選挙も落選だったのですが、私がUターンで宇部に帰ってからも、菅直人には注目していました。組織に頼らず、市民派の手作りの選挙であそこまでできるというのには共感します。
 民主党を支持するかどうかは別として、あの菅直人、私が初めて政治として関わった人が総理大臣になるとは感無量です。

 鳩山総理が辞任表明2010.6.2
 昨日、「政局になる日?」と予測しましたが、今日鳩山総理が民主党の両院議員総会で辞任を表明したようです。予想が当たっても驚きもありません。むしろほっとしたような気持ちです。これで郵政再国有化法案の廃案の可能性も高くなりました。
 自民党政権が解散無しに総理を次々と替えることに、民主党は野党時代は批判していました。今回民主党もたぶん同じことをするのでしょう。本来なら民主党の支持率がこれほどまで下がって公約違反が続出しているのであれば、衆議院を解散して国民に信を問うべきだと思います。
 それにしても、鳩山総理の「国民が聞く耳を持たなくなった」という発言には驚きました。言うことがくるくる変り、公約違反が続けば誰でも相手にしなくなるでしょう。明日また、「必ずしも・・・ではない」という口癖がまた出るような信じられない気持ちです。

 今日は政局になる日?2010.6.1
 今日一日、民主党にいろいろ動きがあります。テレビでは鳩山退陣の噂まで流れています。どうなるでしょうか。参議員選挙までの次がいないのでは。

 2010.5.31
 今日は、仕事で北九州市役所へ行きます。夜は清志会(広重、杉山、猶、河崎の4人だが、広重は議長だから会派は外れている)の会合です。6月議会前の情報交換です。
 写真は神原小学校の内庭です。

 ソフトボール大会2010.5.30
 昨日は、夜6時から神原防犯推進委員協議会総会がありました。夜7時からはかたばみライオンズクラブの平成22年度委員長会議がありました。
 今日、日曜日は、神原小学校で、校区のバレーボールとソフトボールの大会がありました。市の大会の予選を兼ねています。
 実は私も1試合だけ出場し、3打数2安打で、その1安打がなんとホームランでした。
 6月議会は6月4日(金)からです。6月4日は私の誕生日です。

 社会教育推進委員会2010.5.28
 平成22年度第一回神原校区社会教育推進員会(私が会長)が神原ふれあいセンターでありました。同じ時刻に、宇部市体育協会の総会がありましたが、そちらは宇部ソフトテニス連盟副会長に出席してもらいました。
 写真は、今日の話と関係ありませんが、見初小学校校舎です。5月9日の見初小学校であった見初校区ふれあい運動会のときに撮影しました。

 常識外れの連立政権2010.5.27
 今日は、仕事で北九州市役所へ行きます。夜は、神原レインボーのボーリングです。
 社民党は、「辺野古」という名前が書かれていれば、閣内同意拒否すると言っています。普通なら、それで大臣を罷免です。総理の意思に従えない大臣は罷免が常識ですが、鳩山総理は罷免もできません。つまり大臣が、総理に脅しをかけ従っているという状況と同じです。こんな非常識な内閣が、国家の重大事を対処できるでしょうか。
 そういう社民党に配慮して、「辺野古」という地名を書かず、「キャンプシュワブ周辺」とか「沖縄東部」とか、閣内合意文書には、そういう言葉を使うという話もあります。日米合意文書にはちゃんと「辺野古」と書いてあるにも関わらずでず。結局、自民党政権のときの日米合意と全く同じ原案に戻ったにも関わらず、鳩山総理が「原案と同じではない」と訳のわからないことを言っているのと同じです。政治が屁理屈で通るようになったら、国民に信用されなくなります。言ってることがめちゃくちゃだと思います。子どもがこういう大人の屁理屈を学んで大人になるのでしょうか。

 社民党の暴走2010.5.26
 今朝の産経新聞には『社民党の暴走』という見出しがあります。国民のたった1〜2%の支持率の政党が、大事な国防の判断を動かすということでいいのでしょうか。鳩山総理も内閣不一致の行動を止めるどころか、お墨付きを与える発言をしました。この内閣は、日本の有事に対応できるのでしょうか。
 今日は、神原ふれあいセンターで、母親クラブの総会が昼間あります。

 北朝鮮が戦闘準備2010.5.25
 午前中市役所でした。清志会の会議でした。6月議会は6月4日から始まります。
 韓国聯合ニュースが「北朝鮮の金正日総書記は軍に対し、戦闘準備にはいるように命令した」と報じたそうです。それを受けて日経平均株価は急落しています。
 鳩山総理は、韓国軍隻の沈没の原因発表を受けて軽い発言をしましたが、日本を守れるでしょうか。

 平成デモクラシーセミナー2010.5.24
 写真は、石破茂元防衛大臣です。昨日の宇部全日空ホテルです。
 民主党政権下、今の日本が不安定な状況にあるという事実です。総理が今頃学んでいる場合じゃありません。

 ソフトテニス中国選手権大会2010.5.24
 昨日、中央公園コートで、ソフトテニス中国地区選手権大会がありました。中国5県だけの大会ですが、約540人の参加があり盛大に行われました。天気はあいにくの雨模様でしたが、コート面に水がたまるまでは空から雨が降っても試合続行可能でした。夕方から雨足が強くなり、屋付きコートの四面で試合を続け、全試合が終わったのが夜8時頃でした。
 7月23日、24日は同じ会場で、全日本実業団選手権がありますが、選手だけで1500人を超える見込みです。どうなるか心配です。ものすごい数になると思います。
 午後5時からは、宇部全日空ホテルで林芳正参議の平成デモクラシーセミナーがありました。講師は、石破茂衆議院議員でした。現在の政権の危ない話がたくさん聞けました。

 中国選手権の前夜祭2010.5.22
 今日は、午後3時から骨髄バンクを支援する山口の会の会議、午後5時からは、国際ホテルで、明日から中央公園コートで行われる全日本実業団ソフトテニス選手権中国大会の前夜祭です。
 私は、地元を代表して歓迎の挨拶をしました。

 2010.5.21
 今日も仕事ですが、昼前に中興産中央病院で毎月一回の定期健診。午後は市役所です。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66
管理