[NAO活動日誌]
2010年元旦よりシステム変更に伴い「活動日誌」がリニューアルいたしました。
 昨年までの日誌は画面下の「過去の日誌」でリンクされております。
 2010.2.12

 小野杯インドアソフトテニス選手権2010.2.12
 昨日11日、中央公園コートで、小野杯インドアソフトテニス選手権大会(旧山口県選抜ソフトテニスインドア選手権)がありました。小野杯というのは、2年前に亡くなられた小野晴彦さん(山口県ソフトテニス連盟副会長、宇部ソフトテニス連盟副会長)の功績を称えるためにできた大会です。
 参加選手は、前日に宇部市体育協会の優秀選手表彰を受けたばかりの選手も参加していました。今年7月に、宇部市で開催される全日本実業団選手権大会に出場する選手達です。すばらしいプレーに魅了されました。

 宇部市体育協会優秀選手表彰2010.2.10
 午後1時から、宇部市野球場で、宇部市体育協会優秀選手表彰式がありました。
これは平成21年度のスポーツ全国大会で活躍したチームや選手を、宇部市体育協会が栄誉を称えるものです。ソフトテニス関連では、国体で4位、全日本実業団選手権で
3位になった宇部興産チームや国体で個人6位の宇部工業高校などが表彰を受けました。

 確定申告と神原の歴史2010.2.9
 午後、宇部興産ビル4階での確定申告に行きました。資料不足で、一度は家に帰り、二度目で完了です。パソコン入力ですが、まだ早い時期なので職員から親切に教えてもらえました。
 午後7時から、神原ふれいあいセンターで、社会教育推進事業のまちづくり事業として『神原の歴史』を学びました。講師の先生は地元の元教師の杉山さんでした。神原だけの歴史ではなく、中心市街地のことや、戦争での宇部大空襲などの話をされました。

 国民新党が日本を救う?2010.2.8
 2月4日に、ここで「日本解体の危機」と書きましたが、今朝下記のニュースがありました。 「民主党がいくらのぼせても・・・」というところが冷静です。この件では、国民新党の亀井静香が孤軍奮闘しているというところでしょうか。

 『亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は7日、広島県尾道市で開かれた地元企業の会合であいさつし、政府が今国会に選択的夫婦別姓制度を導入する民法改正案を提出する予定であることについて「夫婦なのに名前が違うのがあるべき姿なのか。私は反対だ」と明言した。
 亀井氏はまた、政府が提出を検討している永住外国人に地方参政権を付与する法案にも言及し「国民新党は二つとも反対だ。民主党がいくらのぼせても、国民新党が反対する限りは(政府は)絶対に提出しない」と述べ、法案を決定する閣議で署名を求められても拒否する可能性を示唆した。』

 奮起を誓う会2010.2.6
 昨夜、全日空ホテルで自由民主党宇部支部の『奮起を誓う会』がありました。約400人が集まりました。
 国会議員は、河村建夫前官房長官、安倍晋三元総理大臣、林芳正前経済産業大臣、南野知恵子(のうの)元法務大臣、岸信夫参議院議員が来賓で挨拶されました。
 挨拶で、印象に残ったのは、岸信夫参議が「私が今年戦う民主党の候補はまだ決まっていないようだが、私が戦う相手は民主党ではなく古い自由民主党です。我々は新しい自由民主党をつくっていかなくてはならない」という言葉でした。
 民主党の小沢幹事長の不起訴は決まりましたが、白と決まったわけではなく証拠不充分の限りなく黒に近い灰色です。小沢一郎という政治家は、旧自民党の田中派や経世会(金丸、竹下)の流れであって、古い自由民主党の体質そのものです。それが民主党という名前に変って結集しているのが今の民主党であると思います。確かに若い新しい人が参加した民主党ですが、幹事長の秘書が逮捕されても責任を追求する声が上がらず、「民主党には自由がない」とも言われる始末です。
 安倍信三元総理が近くに挨拶に回られたので、ツーショットで撮ってもらいました。
 

 屋根付きコート2010.2.6
 市内インドアB級C級ソフトテニス選手権大会が、中央公園コートでありました。写真のように、屋根付きのコートでありました。昨年までは、俵田体育館で行われていたものです。
 このコートに初めて立った時、宇部市でこんなに立派な会場でテニスができるのは最高だと感激しました。来年の山口国体のソフトテニスの会場になるため、22面のコートを整備中ですが、現在は最後のセンターコート2面を建設中です。完成後に立派な公園コートを是非見に行って欲しいと思います。7月には全日本実業団選手権大会が、国体のプレ大会として盛大に行われます。
 肝心の一般利用者状況ですが、土曜日の午前中は、インドア4面でソフトテニス大会、他6面で公式テニスの利用者がプレーを楽しんでいました。夜は照明付き屋外コートが6面と屋根付きコート4面で楽しめますが、夜はいつも満員の状況だそうです。照明付きコートを増やしてもらえば良かったと思いました。

 日本を日本でなくする国家解体法案2010.2.4
 在日外国人に地方参政権を与える法案に続いて、第二の特高(公権による国民弾圧)になる可能性が高い人権擁護法案まで提出するようです。テレビでは朝青龍のニュースばかりやってますが、こういう国家の危機につながる法案について報道していません。大変なことになりました。

◆人権救済法案 首相「早期に提出」「日本解体法」そろい踏み?
(産経 2010/2/4)
 鳩山由紀夫首相は3日の参院本会議での代表質問に対する答弁で、民主党内で検討されている人権侵害救済法案(旧人権擁護法案)について「できる限り早期に国会に提出できるよう努力を約束する」と表明した。また、「差別問題をはじめ数々の深刻な人権問題が後を絶たない。人権救済機関の創設は非常に重要だ」と必要性を強調した。民主党の松岡徹氏の質問に答えた。

 首相が同法案の提出に強い意欲を示したことで、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案や夫婦別姓法案と合わせ、与野党の保守系議員らが「日本を日本でなくする国家解体法案」と指摘してきた3つの法案が今国会でそろい踏みする可能性が出てきた。

 民主党の救済法案は、各省庁の上位に、独立性が高く他の機関のチェックの及ばない「第2の司法機関」ともいうべき人権侵害救済機関を設置することを柱としている。

 かつて自民党政権も党人権問題調査会を中心に法整備を検討し、平成20年に法案(太田誠一調査会長私案)をまとめたにもかかわらず、結局は国会提出に至らなかった。人権侵害防止は他の法令で可能とされる上、法案は肝心の「人権侵害の定義があいまい」で「救済機関の権限が強大」と指摘されたためだ。また、公権力による民間の言論活動への介入の根拠となるだけだとの意見も多数出された。

 一方、民主党は昨年の衆院選マニフェストで「人権侵害救済機関の創設」などを掲げ、千葉景子法相は就任直後の9月17日の記者会見で、「国際的にみても(設置が)当たり前の機関だ。実現に向けて早急に取り組みたい」と語っていた。

 ただ、民主党案は自民党案よりさらに大きな問題点も指摘されている。1つは、焦点の救済機関を自民党案の「法務省の外局」ではなく、首相官邸直結の「内閣府の外局」に設置することだ。政府と党の一体化を進める民主党政権では、党の意向がより反映されやすい。さらに、救済機関を中央だけでなく、各都道府県に置くことや、立ち入り調査などを行う人権委員に国籍要件を設けないため、外国人の就任も可能とされることも問題視されている。

 救済機関は、人権侵害の申し立てがあれば、立ち入り調査のほか、調停や仲裁、勧告、公表、訴訟参加など国民生活の隅々にまで介入・干渉する司法権を持つ。また、報道機関には努力義務を課すなどメディア規制色も強い。

 これらは、民主党の支持団体である部落解放同盟の要望をほぼそのまま取り入れたものでもある。野党議員からは「人権救済とは名ばかりで、政府や特定団体による『人権抑圧法』だ」との批判もある。

 規制緩和は景気対策2010.2.3
 記憶に新しいと思いますが、姉歯事件で構造計算書偽装事件が世間を騒がし、その結果建築確認行政の規制が厳しくなりました。たとえば、建築確認における構造計算書の作成は、一級建築士の資格を持ち、かつ構造設計の実務経験5年以上の者が受ける構造設計一級建築士の資格を持った者でないとできないことになりました。その構造設計一級建築士の合格率は一般の(設計事務所に勤務する)一級建築士では2割前後でとても厳しいものです。

 それだけでなく、建築確認においては審査機関の側も、構造設計一級建築士の資格を持った者でないと審査もできないことになりました。現在は不況の最中ですから、仕事量が少なく審査が滞ることは少ないようですが、それでも建築確認申請を行政が受理するまで以前より数倍の日数がかかるようになりました。構造設計においては、申請に関わる建築主の費用負担も大きく増えました。

 そもそも建築確認とは、建築士が行う建築行為を書類として事前に行政に申請し、行政が建築基準法に照らし合わせて合法であることを「確認」する行為であって「建築許可」ではありません。
 姉歯事件では、行政が許可した(?)として行政も責任を問われましたが、行政は国家資格を持った建築士の仕事を確認したのであって、本来は中味については国家資格を持った建築士の責任だと思います。

 姉歯事件の時、行政に責任を取らせたいという国民感情は理解できますが、結果的に行政は責任を取らないばかりか、建築士の構造計算に関わる資格を厳しくし、審査を厳重にすることで解決を図りました。あの偽装事件は資格や能力の問題ではなく、行政の専門家まで騙せるような能力まで充分あったから偽装できたのであって、そもそも構造計算の資格の問題ではなく、建築士のモラルの問題だったと思います。建築する側の自己責任だと思います。

 ここで重要なことは、これまで行政は自らの責任を逃れるために、あの手この手で規制を厳しくしてきました。この結果、経済行為という面からいうと、厳しくなった規制は経済の行為の足を引張り、血液でたとえるなら動脈硬化の原因になっていると言えるでしょう。これも不況の原因のひとつです。

 私の考えは、「行政は、責任を取らないのなら口は出すな」です。建築確認においては、他人に迷惑をかけるかどうか、集団規定の部分(たとえば建ぺい率や容積率、道路斜線)だけを審査して、個人の行為の部分(たとえば構造計算、採光、避難、防火など)は国家資格である建築士の責任において行われるべきであると思います。医師や弁護士など国家資格というものはそういうものです。

 景気対策では、お金をばら撒くよりも、さまざまな経済行為の中で「規制緩和」がもっとも有効なのではないでしょうか。経済が活性化すると思います。
 ちなみに、私も姉歯事件のおかげで構造設計一級建築士の資格を持っています。この資格はなければ困りますが、モラルの方が大事だと思っています。
 
 今晩、宇部ソフトテニス連盟の三役会です。

 相対的貧困率2010.2.2
 昨年、厚生労働省は、国民の年収分布の中央値と比較して半分未満の国民の割合(相対的貧困率)を公表しました。2006年時点で、15.7%という日本はOECD加盟30ヶ国中最下位で、実に6人に一人が貧困層であるという衝撃的なものでした。
 日本は世界第二位の経済大国ですが、多くの国民が貧困に喘いでいることが浮き彫りになりました。
 年末の『派遣村』が昨年も話題になりましたが、労働者派遣法の改正案が、今国会に提出されています。これは短期派遣や製造業派遣の禁止が改正の骨子ですが、この改正で現在200万人いる派遣労働者のうち50万人が職場を追われることになるそうです。
 派遣を禁止したからといって、企業は正規社員で雇用するとは限りません。派遣業者に頼らず、自社で直接雇用するパート・アルバイトが増えるだけでしょう。労働者にとってますます、厳しい現実がやってくるのではないでしょうか。
 この厳しい雇用条件の中で、規制を厳しくすることは景気対策ではなく、むしろ逆行しています。これも、迷走する民主党政権の実態です。

 かたばみライオンズクラブ例会2010.2.1
 今晩、かたばみライオンズクラブの例会が全日空ホテルであります。例会は毎週第一と第二月曜日です。
 明日からときどき、自分の考えを文章化してみようと思います。

 2010.1.31
 土曜日の夜は、神原校区のふれあいボーリング大会がパークレーンでありました。約60人の参加でした。私は13位(177と120)でした。
 31日の日曜日は、MNK(三戸、猶、河崎)会ゴルフコンペが阿知須コースでありました。夜は、阿知須スパホテルで表彰式と懇親会でした。ゴルフは42組160人の参加で夜は、約120人が参加されました。私のスコアーは57と51の108ですが、ダブルペリアで69位でした。

 最悪の求人倍率と失業率2010.1.29
今朝のニュースから
 「厚生労働省が29日に発表した2009年の年平均の有効求人倍率は0・47倍で、統計を取り始めた1963年以降の過去最悪を更新した。
 また、総務省が同日発表した、09年の平均完全失業率(速報値)は5・1%で、08年比1・1ポイントの上昇。悪化幅は過去最大となった。
 一方、29日に公表された09年12月の有効求人倍率(季節調整値)は0・46倍で、11月より0・01ポイント上昇し、4か月連続で改善。09年12月の完全失業率(同)は5・1%で、11月より0・1ポイント低下した。」

 今の政治の状況で、画期的な改善が見込まれることはないでしょう。昭和の大恐慌とほぼ同じ状況だとある本には書いてありました。
 政治も企業も「無駄を無くせ」の大合唱ですが、それが個人が生き残るには正しいにしても、無駄を無くすスパイラル現象は、回りまわって「売上を減らし、利益を減らし、仕事を減らし、職場を減らし、給料を減らし・・・」また「無駄を無くし、売上を減らす・・」 と続いていると思います。
 企業や個人は生き残りのために無駄を無くさなければいけませんが、政治は国民が安心してお金が使えるようしなければなりません。政治でできる経済政策とは、国民に将来の安心を与えることではないでしょうか。それが無い限りデフレスパイラルは続くと思います。政治が「無駄を無くす」大合唱のリーダーでは、国民に不安を与えるだけではないでしょうか。
 そういう意味では、政府のデフレ宣言は大失敗だと思います。「仕分け作業の公開」も、新しい政権が仕事をしているふりはできても、政治主導で無駄を無くす宣伝効果になったでしょうから、デフレはしばらく加速するでしょう。

 たのもしがありました2010.1.27
 毎月末水曜日の「かみかぜのたのもし」がありました。メンバーは10人です。月一回仲間で集まって飲むのが目的のような「飲みたのもし」です。金額は少ないので、ちょっと公表を控えます。
 「かみかぜ」という名前は居酒屋名前ですが、宇部新川駅から宇部興産方面へ、国道190号線の宇部興産入り口交差点の角にあります。私の後援会の看板が出ているのですぐわかります。「神乃楽」「神京」「神輿」と同じ経営者です。
 「かみかぜ」の名前は、特攻隊の「神風」を連想させますが、神様を共通させているのであって、神風特攻隊ではないそうです。

 車検に2010.1.26
 私はホンダのフィットに乗っていますが、3回目の車検に出しました。車を買い替えることも検討しましたが、まだ余裕がありません。まあ、年をとると新しい車に魅力を感じなくなったのかもしれません。
 今月末の31日にMNKゴルフコンペを阿知須コースで開催しますが、その組み合わせの打ち合わせをしました。今回はまだ満員ではありません。まだ43組くらいです。
 写真は、我が飼っている猫です。アメリカンショートヘアーのメスですが3月で4歳になります。アメショーの黒ですから珍しいかもしれません。

 今朝は真っ暗2010.1.25
 今朝は真っ暗でした。朝8時なのに通勤する車のほとんどが照明をつけて走っていました。夕方6時とおなじ暗さでした。どす黒い雨雲が空を覆い、日照がほとんどないのが原因です。雲がこれほど黒いのは、あまり見たことがありません。まるで、この世の終末の様相です。
 厚東川橋の上では追突事故も発生し、下り方面も渋滞でした。
 写真は、昨日の青空が写っている、午後4時頃のスポーツクラブ『ゼオス』です。今朝の空とこれだけ違うので驚きです。

 神原11区新年会2010.1.24
 今日は日曜日ですが、正午から新天町「かしわぎ」で、神原11区の総会と新年会に来賓で出席しました。神原11区は東新川駅南側周辺の自治会です。 
 私は来賓挨拶をしましたが、そのあとしっかり皆さんの意見を聞いてきました。
 写真は、会派にあるパソコンですが、ひとつの会派には1台しかパソコンがないので、私はほとんど自宅のパソコンを使っています。今時、パソコンが使えない議員はいないので、1台では不自由しています。

 休息日2010.1.22
 昨夜から、嘔吐と下痢で大変でした。一日療養していました。昼間、宇部興産中央病院へ行きました。定期健診を兼ねて診察を受けました。
 ここで病気のことを書くと、とても心配されて大げさに噂になってしまうようですが、全く大丈夫です。私は体を一番に考え、休むときは徹底して休みます。それが自然ですから。
 夜、ある飲み会があったのですが、当然ながらキャンセルです。

 若き経営者の会OB現役合同新年会2010.1.21
 写真は、市役所4階にある「清志会」の会派の部屋です。現在、私と杉山議員、河崎議員の三人です。広重議員も所属されていましたが、議長に就任期間は会派を外れています。
 反対側から撮った写真も明日貼り付けます。
 夜7時から全日空ホテルで、若き経営者の会の現役とOBの合同例会がありました。いつも通り二次会には出ずに帰りました。

 在日外国人に地方参政権?2010.1.19
 写真は一昨日から美祢市にある石柱渓です。今日の写真は、屋久島の杉の木のように、根元に苔が生えていました。
 午後は市役所でした。
 18日(月)び国会が開会されましたが、この国会で提出されようとする法案に、異論のある法案がいくつかあります。
 ひとつは、在日外国人への地方参政権を与える法案です。この方針は民主党の設立当初からありましたが、昨年の選挙の時には反対の世論が多かったせいか、急遽選挙公約から外されて国民には内緒にされていた法案です。日本国籍を取得すればいいものを、それをしない外国人に選挙権を与えるのはとんでもないことです。母国には選挙権はあるわけです。日本国民と同じ納税者ですが、それは日本人と同じように行政サービスを受けているので平等です。たとえ地方といえども参政権を与えることは国政に影響力を持ち、将来的に日本の国益を失うことになるでしょう。
 他にも、夫婦別姓を認める法案もあるそうです。これも家族の崩壊の可能性が高くなる危うい法案です。男女の平等とは別な議論だと思います。
 この民主党政権の目指す国家像は、国民によく理解されていたでしょうか。とりあえず、「自民党ではだめだから、一回くらい民主党にやらせてみよう」くらいの軽い気持ちが、国家をとんでもない方向に導いているような気がします。

 かたばみライオンズクラブ2010.1.18
 午後7時から宇部全日空ホテルで、かたばみライオンズクラブの例会がありました。
 昼間は、午前中は仕事ですが、午後から神原ふれあいセンターに行ったりしました。
 連日、小沢一郎民主党幹事長のことを書きましたが、国会が開催されるまでに、小沢一郎自身には容疑が及びませんでした。「法を犯したつもりはない」この言葉だけで無実とできるなら、世の中こんな不合理なことはありません。傲慢という印象以外にありません。今の民主党政権の中で、これに不満を言える人が一人もいないというのが怖い気がします。異常な政権です。

 元秘書の逮捕2010.1.17
 とうとう、小沢一郎の元秘書3人が逮捕されました。それも現職の衆議院議員の石川氏も含まれています。石川衆議院議員は、昨年の8月の選挙で北海道11区、あの中川昭一氏を破った人です。その中川氏は敗れた後急死しました。
 核心の小沢一郎民主党幹事長がどうなるかは、明日18日から国会が開会しますから、明日の国会到着までに結論が出るでしょう。小沢氏は検察と対決姿勢のようですが、政治家が検察を恫喝するのは間違っています。たとえ総理より偉い人でも、法律を曲げることはできません。
 昨日は、午前中は病院へ行き、午後は骨髄バンクを支援する山口の会の月例会でした。
 今日は、正午から河村建夫衆議院議員と岸信夫参議院議員との昼食会で、全日空ホテルに出かけます。

 小沢政権の事件2010.1.15
 天気予報によると、今日は昨日より5度くらい気温が上がって最高気温が8度になるそうです。毎日寒い日が続きますが、今日から少しずつ気温が上がるそうです。
 ところで、内閣は鳩山総理ですが、政権は小沢一郎が握っています。新年に多くの民主党議員が小沢邸に挨拶行った映像がテレビで流れました。それに、もちろん鳩山総理が行くわけがないのですが、その鳩山総理が「新年は挨拶に伺わずに失礼しました」と、小沢幹事長に話している映像もテレビで流れました。小沢一郎の言うがままに動いていると言っているようなものですが、政党の幹事長の方が内閣総理大臣よりも上というのは、国民を馬鹿にしています。
 その小沢一郎は、昨日より東京地検特捜部の家宅捜査を受けています。ダム建設に関わる受託収賄かあっせん収賄容疑だと思いますが、贈賄側の水谷建設の方は「一億円を2回に分けて受注の謝礼で渡した」と供述しているのですから、普通なら逮捕は時間の問題だと思います。贈収賄事件は、公訴時効の差が贈賄側(3年)と収賄側(5年)にあり、その差(2年)で事件が発覚しやすくなっています。
 さて、国家権力がどう動くかですが興味深々です。多くの国民の支持を得た民主党が、国民に納得できる説明ができるかどうかがカギだと誰もが思っています。

 市役所へ2010.1.14
 午前中仕事でしたが、午後は市役所へ行きました。普段から各部と意見交換や質問です。

 雪化粧2010.1.13
 昨日は仕事を休みました。まだ少し頭痛がしますが今日は出勤します。熱はないようです。
 昨夜、午後6時から、市議会議員と財務部で勉強会を行いました。市議会議員17名、財務部は部長と次長の3名です。平成22年度の予算編成真最中ですが、国が政権交代した結果、地方財政がどうなるのか国の地方財政編成方針を勉強するためです。
 朝起きたら、雪で一面真っ白でした。朝7時半頃の写真です。
 

 風邪をひいたようです2010.1.11
 風邪の症状(鼻水や咳)より、熱とだるさがあります。

 成人式2010.1.10
 今日は、渡辺翁記念館で成人式が行われます。私の長男(4人の一番下)も成人を迎えます。しかし、岡山から帰って来ないそうです。私は同じ時間に行われる葬儀のほうに参列します。

 出初式2010.1.9
 午前9時半から、渡辺翁記念館で宇部市消防団の出初式がありました。
 午後は、葬儀に参列です。今週は3人目です。明日も葬儀です。まいりました。
 夜、また訃報が入り、明後日も葬儀に参列することになりました。

 市役所で2010.1.8
 午前中、市役所に行きました。議長室で議長、副議長と意見交換しました。
 ここの日誌はまだシステムが完全ではありません。前の続きでしばらく書き直すことになりそうです。
 写真は、吉部(きべ)の大岩郷です。美祢市にある万倉の大岩郷よりは岩が小さいですが、自然にできた岩の川に驚きます。

 神原校区互例会2010.1.7
 夜、神原校区の新年互例会がありました。久保田市長も来られました。
 私も橋幸夫の「潮来笠」を歌いました。昼間、車の中で練習しました。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64
管理