[NAO活動日誌]
2010年元旦よりシステム変更に伴い「活動日誌」がリニューアルいたしました。
 昨年までの日誌は画面下の「過去の日誌」でリンクされております。
 スカイツリー2011.10.28
 写真は、今月17日に東京都墨田区へ産業建設委員会行政視察に行ったときに撮ったものです。スカイツリーは、押上駅近くにありますが、あまりにも高すぎて、結構離れた場所からでないと全体を写すことができません。まだ完成していませんが、すでに小さいクレーンがついているだけで概観からは建設中には見えません。
 浅草駅付近(隅田川)がちょうどいい撮影場所になっているようで、多くの観光客がいました。浅草といえばもともと観光地ですが、新しい名所になっています。
 
 今日は午前中、宇部興産中央病院へ定期健診に行きました。

 墨田区庁舎2011.10.27
 写真は東京都墨田区役所建物です。真下にいたとき、こんなすごい建物の下だとは気がつきませんでした。

 会社と市役所と2011.10.25
 会社と市役所を行ったり来たりの一日でした。
 午後から宇部マテフレッセラテニスコート利用者の集まりにも参加し、意見交換もしました。校区の人との意見交換もありました。
 毎週月曜日の午後1時から、市役所で会派の会議を恒例化していますが、昨日私が校区の用事で欠席したため、仕事が溜まっていました。会社に出勤したのも久しぶりのような気がしました。手帳で見ると20日の木曜日以来でした。

 神原校区文化祭2011.10.24
 土日は、神原校区の文化祭がありました。(写真)
 今日24日(月)は、神原校区の交通安全推進委員研修会で、午前9時より宇部警察署の生活安全ふれあい館で学習しました。

 国家資格は年齢との戦いに2011.10.22
 昨日は、一級建築士の指定講習とその終了考査で一日中、山口県セミナーパークでした。精根尽き果てるまで精神を集中して頑張りました。正直言って、建築士には三年に一度の講習が義務つけられていますが、20〜30歳代の若ものと同じにどこまでついていけるかわかりません。
 本当なら、技術職である建築士は経験がものをいうわけですが、指定講習の終了考査は目のいい若者に有利なマークシートです。昨日は60歳代や70歳代の建築士もおられました。新しい内容を講習で学びその日のうちに考査を受けて合格するには、目も大事です。「どこまで正確にマークシートに印がつけられるか自信がない」と、ある人が言っていました。講習のスピードも、年配の者にはなかなかついていけないでしょう。
 3年に一度の指定講習(2万円弱の費用もかかる)を受けなかったり、終了考査に合格しないとペナルティーがあります。「そのペナルティーを避けたかったら、国家資格を返納することもできます」と、申し込み書類に書いてあるのを見ると、この世の中『弱い者いじめか』と嘆きたくなります。生活がかかっているからそう簡単に国家資格の返納はできないでしょう。
 構造設計一級建築士の指定講習も来年1月に受けます。もう3年が経ちました。この申し込みも一昨日やったばかりです。この講習は山口県からは福岡か広島まで行かなくてはいけません。もちろん、難しい終了考査もあります。
 姉歯事件でできた資格ですが、講習の受講料が高すぎます。行政の天下り機関に年貢を吸い上げられているイメージです。
 
 今日から、障害者の全国スポーツ大会の山口大会が始まりました。岬のスポーツ広場に、フットベースボールを見に行きました。(写真)観客が少なかったので驚きました。明日は日曜日です。皆さん、応援に行ってみませんか。

 今日も産業建設常任委員会2011.10.20
 昨日、視察から帰ったばかりですが、本日午前10時から産業建設常任委員会を開きました。9月議会閉会後の審議事項(産業経済部と下水道部)です。議会開催中ではありませんが、毎月常任委員会を開催しています。
 午後1時からは、議会たより編集委員会でした。11月1日号の宇部市広報で配布されます。市民環境部で意見交換後、夕方久しぶりに会社に出勤しました。今月は本当に忙しい月です。
 写真は、昨日と同じ「すみだ中小企業センター」です。

 明日は、朝から夕方まで山口セミナーパークで、一級建築士定期講習(3年に一度)です。終了考査にも合格しなくてはいけません。結果の発表は11月です。

 常任委員会視察2011.10.19
 10月17日(月)から本日19日(水)まで、宇部市議会産業建設常任委員会視察で、東京都墨田区、三重県桑名市、大阪府八尾市に行ってきました。
 17日(月)は、すみだ中小企業センターで「中小企業振興基本条例及びすみだ中小企業センターについて」。18日(火)は桑名市役所で「ガス事業の民間譲渡について」。19日(水)は八尾市立中小企業サポートセンターで「中小企業地域振興基本条例について」視察しました。
 写真は、すみだ中小企業センターで、中小企業振興基本条例について説明を受けた後、すみだ中小企業センターにある工作機械室などを見学しているところです。他に精密測定室など、中小企業をサポートする設備も整っていました。

 盲導犬チャリティーゴルフコンペ2011.10.16
 楠ライオンズクラブ主催の「盲導犬チャリテイーゴルフコンペ」が宇部CC西コースでありました。

 見初校区文化祭2011.10.15
 宇部マテフレッセラテニスコートで、秋季ソフトテニスリーグ戦がありました。国体後、初めて一般の大会が行われました。県内各地からの参加です。
 午後から、見初ふれあいセンターで、校区文化祭の文化展を見ました。(写真)明日も、見初ふれあいセンターで芸能祭が行われます。

 分刻みの一日2011.10.14
 朝8時半に会社に行き10分で用事を済ませ、午後9時少し前に市役所に着き、午前9時からの市議会便り編集会議に出席しました。午前中、市役所でいろんな用事を済ませ、午後から会社に戻り、午後4時半には北九州市役所建築指導課へ行きました。宇部に戻ったのは7時前です。
 移動はたったこれだけですが、中味の濃い忙しい一日でした。分単位で予定を済ませました。
 ホンダのハイブリッドのインサイトに乗っていますが、ガソリンランプがついたのでガソリンを満タンにしたとき、33リットルで満タンになり走った距離は777kmでした。

 久々のボーリング2011.10.13
 夜、神原レインボーのボーリングでした。2ゲームでスコアーは311です。良くもなく悪くもなくでした。2ヶ月ぶりの参加です。

 20日からは全国障害者競技の山口大会2011.10.12
 これは、10月6日の夕方の桜島です。昨日の写真は、6日の昼頃です。
 山口国体が終わって、糸が切れたようにプッツンしていますが、20日からはまだ全国障害者スポーツ大会があります。
 国体も開催県だけが盛り上がる、全国的には話題性が低いスポーツ行事です。山口国体では山口県の選手の活躍だけが山口県のローカルニュースになるし、昨年の千葉国体もほとんど県民はニュースで知りませんでした。来年は茨城国体だそうです。すでに山口県民には関心が少ないし、開催県だけの自己満足なのかもしれません。山口県だけでなく来年の国体は開催県以外関心が盛り上がらないようです。せめて障害者スポーツ大会にも、開催県は関心を持とうではありませんか。
 来年はロンドンオリンピックが一番の話題でしょうか。北京オリンピックが終わってからもう4年です。月日が経つのは速いものです。
 

 「女子総合」はあっても「男子総合」はない2011.10.11
 写真は、鹿児島市総合文化センターから見えた桜島です。全国都市問題会議初日(10月6日)です。翌日の写真もありますが、7日は大きな噴火があったので6日と比較すると灰色でどんよりしています。
 山口国体ですが、よく見ると「天皇杯」は男女総合、「皇后杯」は女子総合だそうです。「男子と女子」別ではなく「男女総合と女子総合」でした。「女子総合」はあっても「男子総合」というのがありません。男女差別をなくす意味合いでしょうが、女子があって男子がないのは逆差別ではないでしょうか。
 とにかく、山口県が頑張った結果、天皇杯も皇后杯もとれたのは良かったです。どの種目も、総合優勝に貢献しました。

 皇室を市民が歓迎する2011.10.10
 写真は、9月30日天皇皇后両陛下が山口宇部空港に到着後、空港を出発される車列を撮ったものです。数千人の歓迎を受けました。
 昨日、俵田翁記念体育館に山口国体の少年男子のバレーボールの応援に行きました。少年男女共優勝しました。今日時点で、天皇杯が山口県に確定したようです。東京都をやっと逆転しました。47年前の山口国体では天皇杯が取れませんでした。
 ところで本日、秋篠宮殿下と妃殿下(紀子様)が宇部に来られたようです。山口国体の閉会式にご臨席のためです。

 ある人の話ですが、秋篠宮様ご夫妻を歓迎したいので、山口宇部空港への到着時刻をある地元新聞社に電話で尋ねたら「そんなことは教えられません」と言われたそうです。何かを理由に、マスコミが知り得た情報は市民に伝えられないということでしょう。
 しかし山口宇部空港に問い合わせれば(特別機ではなく通常の便)教えてもらえたし、県の職員や県警SP達も喜んで通られる場所とおおよその時刻まで教えてくれたそうですから、地元の有力新聞社の対応としては疑問です。国民に開かれた皇室が望まれるのに過剰な警備意識(情報を漏らす責任意識?)が止めたのかもしれません。
 先日の、宇部日報には逆なことが書いてありました。「久保田市長が、毎月恒例の二回の記者発表を継続していることを評価しながらも、それを理由に記者発表の合間に、マスコミが自身で知りえた情報まで市長の発表があるからを理由に新聞発表を止められるのは、情報公開の目的が市民を向いているか」というものでした。

 秋篠宮様は、皇太子に男子がおられないので後の天皇を継承される可能性が高く、または悠仁さまが継承されれば、その天皇陛下の親となられる宮家です。お人柄の評判も高く国民に人気もあり、宇部市民に情報が少ない静かな来県は寂しい気がしました。
 この20日には皇太子も来県されます。どう歓迎されるのでしょうか。市民にチラシは配られているようですが。

 山口国体少年男子バレーボール2011.10.8
俵田体育館で、国体の少年男子のバレーボールを見ました。山口県チームは宇部商業高校の選手たちですが、1回戦で沖縄と対戦しました。2対0で勝ちました。大応援団でした。
 山口国体の天皇杯の現在の成績は、山口県は2位だそうです。結構頑張っていると思うのですが。一位は東京都だそうです。
 写真は、ソフトテニス成年男子のトーナメント表です。

 全国都市問題会議2011.10.7
 鹿児島市で行われた、全国都市問題会議に参加し、今日の夜帰ってきました。内容はツィッターでメモ代わりに随時書き込みました。
 九州新幹線が鹿児島まで開通したので、約2時間超で新山口駅から鹿児島まで行くことができます。しかし国体ソフトテニス(2日から5日まで)で疲れを残し、その日に鹿児島まで二泊三日で行ったので、くたくたに疲れ果てました。
 明日は、朝6時半からライオンズクラブのアクティビティーで、常盤通りの清掃です。さすがにこの歳になると、こういう毎日はきついです。

 山口国体ソフトテニス成年男子と女子の結果2011.10.5
 山口国体ソフトテニス成年男子と女子の結果は、両方とも準優勝でした。すばらしい結果になり、感慨無量です。男女共、決勝戦まで残るとは予想以上の成績です。
 雨のため、試合は準決勝途中から、屋根付コート4面だけの試合となり、大幅に終了時間が遅くなりました。準決勝と決勝のみでなく、8位までの順位決定戦も行いました。
 表彰式と閉会式終了後、明日からの「全国都市問題会議」に参加のため、新山口駅に直行し鹿児島市に行きました。国体のソフトテニスの進行が予定より遅れたため、2時間遅れて一人で追いかけることになりました。


 山口国体ソフトテニス準決勝と決勝戦2011.10.5
 すでに成年男女共、4位以内が決まっています。雨が模様ですが、小雨なら一般コートでスムーズに進行しますが、雨の場合、屋根付コート4面だけで進行しますから、時間が大幅にかかります。
 今日夕方の表彰式を終えると、市議会の清志会派(4人)で「第73回全国都市問題会議」に参加のため鹿児島に行きます。新山口駅から直通鹿児島中央駅まで約2時間で直通です。

 ベスト4に勝ち残った(明日準決勝と決勝)2011.10.4
 今日も朝から、宇部マテフレッセラテニスコートでした。山口国体ソフトテニス成年の部男女の一回戦から試合がありました。
 女子は、予選を勝ち抜いた16チーム、男子は都道府県代表47チームが参加しました。
 山口県チームはなんと本日ベスト4まで勝ち抜き、明日は準決勝です。つまり、全国の4つに勝ち残りました。
 男子チームは、毎年ベスト8の常連ですが、女子チームは一回戦の相手が、国体3連覇中の東京都が相手でした。男女共ぎりぎりの勝負で最後の最後まで粘っての勝利で、感無量です。
 ソフトテニスの会場の宇部マテフレッセラテニスコートには、連日数千人(延べにすると一日1万人は超えていると思えます)の観衆で、うれしい限りです。山口県チームの試合には千人くらいの観衆が観客席を埋めています。応援席が狭すぎる感じです。聞くところによると、野球場よりも多いそうです。ここまでは予測していませんでした。

 少年の部は6位2011.10.3
 山口国体ソフトテニス少年の部、山口県は6位でした。決勝戦は、香川県と大阪府でしたが、とてもいい試合でした。
 明日は、いよいよ成年の部です。11時に山口県の成年男子が福岡県と戦います。12時半から成年女子が東京都と対戦します。男女とも優勝を目指していますが、どうでしょうか。

 山口国体ソフトテニス開幕2011.10.2
 宇部マテフレッセラテニスコートに、今日一日で一万人近くの選手及び観衆が集まりました。少年男女ベスト8までの競技が終わりました。山口県勢は少年女子が東京都と対戦し一回戦突破ならず。少年男子は準々決勝敗退。明日、5位から8位決定戦を戦います。
 成年男女は10月4日(火)と5日(水)です。

 オープニングイベント2011.10.1
 山口国体の総合開会式が維新公園陸上競技場でありましたが、明日から(5日までの4日間)開催されるソフトテニス競技は、夜6時から渡辺翁記念館でオープニングイベントがありました。全国からの大会参加者が紹介されました。
 宇部ソフトテニス連盟会長として壇上に上がったので、写真を撮れませんでした。
 明日から開催される国体競技をぜひ見に行ってください。48年ぶりの開催です。会場は花がいっぱいに飾られています。それを見るだけでも和みます。
 写真は、常盤公園で開催中のビエンナーレの彫刻です。

 天皇皇后両陛下2011.9.30
 本日、山口宇部空港で奉迎しました。実に久しぶりにお会いしましたが、感激しました。約二千人くらいの市民が空港でお迎えしました。
 山口国体開会式には天皇皇后両陛下がご臨席されますが、11日の閉会式には秋篠宮殿下が来られるそうです。山口宇部空港に10日の午前中に到着されます。身体障害者の山口大会開会式には、皇太子殿下がご臨席される予定で、他にも5日には、ソフトテニス会場へ高円宮妃殿下が来られるなど、皇室の方々がたくさん来県されることになっています。

 明日、天皇皇后両陛下がご来県2011.9.29
 明日午後1時過ぎに、山口国体開会式ご臨席のため、山口宇部空港に天皇皇后両陛下が来られます。市議会議員は正午に市役所に集合し、バスで空港に行くことになっています。
 私自身は、平成5年12月に、天皇皇后両陛下と東宮御所でお会いして直接会話させていただいたことがあります。青年海外協力隊平成5年度2次隊、渋谷区広尾訓練所で国内訓練を終えた約150名が海外派遣前のご挨拶にお伺いしたときの話です。
 天皇と皇后陛下を中心に別々二つの輪をつくり全隊員と約1分間ずつ丁寧に会話されたことを覚えています。私は一つ目の輪で美智子皇后陛下とお話をした後、すぐに天皇陛下の輪に入り込み、欲張って両陛下とお話させていただきました。派遣先のサモアの話がメインだったと思います。実に海外の実情にお詳しかったことを覚えています。
 もちろん明日は直接お話をすることはありませんが、18年ぶりに拝見します。

 増税は景気に悪影響→復興を遅らせる2011.9.27
 国会で、増税が議論されています。野田政権が誕生するとき国民の世論の半数以上が、「いくらかの増税は仕方がない」という世論調査が出ていました。
 ところが今、増税の理由として一番の理由にあげられているのは「復興のため」の復興増税(所得税や法人税、タバコ税など)です。私は、景気が最悪な状況での増税は最悪な政治で、風邪をひいた人に水をぶっ掛けて肺炎にしてしまうようなものだと思っています。「復興税」といえば、まだ東北大震災が生々しく、国民の理解を得やすいというのもあるでしょうが、どう復興するのかが全く語られないのはおかしいと思います。テレビを見ていても「復興のため」「復興を急がなければならない」ばかりで、増税の使い道の具体案がありません。
 本当の理由は、「少子高齢化が進み、社会福祉費の増大を消費税でまかなわないと来年度からの財源が不足する」というものでした。そこに起きたのが大震災です。大震災を言い訳に、大増税とはペテン師の金集めと同じです。

 私は、かねてより、「東北を元気にするには、それ以外の地域がまず元気でないと、復興が進まない」と、言ってきました。ある衆議院議員が、「東北大震災は、人間の体でたとえると、肩の大怪我。怪我を早く治すには、体全体つまり日本全体が元気でなければ肩の傷は治らない。」と話されていたのを聞きました。震災を理由に、他の地域のイベントを中止するなどはもっての他でしょう。(原発を止めての)節電も同じですが、病人に食料制限しているようなものです。

 増税の話も、「復興」が理由ではなく、せめて社会福祉費の維持のため消費税を毎年1%(2兆5千億円)ずつ10%まで上げていくくらいが限界ではないでしょうか。

 ところで、政権が語らない「復興案」についてですが、私には腹案があります。(どこかで聞いたせりふです)
 今、超円高が問題になっています。それを利用して、円高時期に海外の地下資源をばんばん国が買い取り、東北の被災地域の海岸線に、巨大な長さと収納力をもつ、コンクリート製の地下資源ストックヤードを10m以上の高さの防潮壁を兼ねて建造したらどうかと思います。その海側には、漁港や船舶の港を建造します。巨大な長さですから、数兆円かかるかもしれません。住宅や商店は、陸側の高台に新都市を造ります。
 円高を利用して日本が莫大な地下資源を購入するとなれば、円高対策も兼ねていますし、地下資源が貧弱な日本の不安も補えます。そうなると少々なことでは円高にならないかもしれません。これが円高を有利に利用できる案だと思いますが、いかがでしょう。

 もうひとつ、放射性廃棄物(土壌など)の捨て場も問題になっています。私の腹案は、コンクリートで固め日本海溝(深さ1万m以上)の海底に沈めてはいかがでしょう。海溝の底は、今でも比重の大きい放射性物質が沈殿しているはずですから。

 東新川テニスコート口2011.9.26
 午前10時より、東新川テニスコート口完成記念式典がありました。
 夜は、神原校区社会教育推進員会です。
 写真の中央に写っている男の子は、私の孫(次女の長男)です。

 小学校の運動会の日2011.9.25
 神原小学校の運動会がありました。
 写真は、ビエンナーレ大賞(宇部市賞)に選らばれた、ジョージ・ダン・イストラーゼさん(イタリア)の『UNITY OF OPPOSITES』です。

 第24回ビエンナーレ開催2011.9.24
 午前10時から、常盤公園彫刻広場で、第24回ビエンナーレが開催されました。(写真)
 午後から、宇部市文化会館で『障害者の祭典』Happy Together 2011 に行きました。今年は、障害者スポーツがテーマのようした。
 午後3時からは、神原ふれあいセンターで「骨髄バンクを支援する山口の会」役員会がありました。

 第24回ビエンナーレ(現代日本彫刻展)2011.9.23
 第24回UBEビエンナーレの表彰式とレセプションが、午後6時から全日空ホテルでありました。
 写真はとりあえず、万倉小学校の、私が在学中に建設された校舎です。今は一番古い校舎になっています。

 9月議会最終日2011.9.22
 宇部市議会の9月定例議会の最終日でした。平成22年度決算認定他13議案を可決して終了しました。
 その後、議会便り編集委員会がありました。11月1日の宇部市広報と一緒に議会便り第2号を発行する予定です。今月末までに、議会便り用の産業建設委員会報告と8月18日の山口県市議会議員研修会の報告記事を書き上げます。
 さて、明日からビエンナーレと国体などで宇部市は忙しい日程が続きます。
 
 円高ドル安のニュースですが、昨日1ドルが76円11銭の新高値をつけたそうです。どこまで円高が進むのでしょうか。
 それに比べお隣の韓国のウォンはそういうドルに対しても暴落しているようで、1円が約15ウォンまで下がっています。韓国からアメリカへの輸出は大きく伸びていますが、韓国からの観光客が激減しているそうです。日本の海外からの観光客が激減しているのは円高の影響が大きいと思われ、原発事故のせいだけではないようです。
 こういう円高が続くと企業の海外移転が加速化されて、国内の景気が心配されます。日本人が保有する円の資産は海外と比較してどんどん価値が高まっているとも言えるのですが、国内消費からは豊かさを実感できません。デフレがいっそう深刻になるという悪循環です。
 そういう時に政府が増税すれば、どういったことになるでしょうか。それは誰でも想像できます。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64
管理